Dr.マミの歯のブログ

目と顎は深く関連しています

2024年1月18日 (木)

こんにちは。
 
 

横浜市港北区の歯科医院 眞美デンタルオフィスです。

 
 

こちらのブログでは脳歯科や東洋医学などの話題を書いています。
 
 
 
 
当院では通常の歯科治療と共に、東洋医学や脳歯科などのホリスティックな治療を取り入れて、患者様に最適な治療を選択するようにしています。
 
 
 
 

今日は目と顎の関係についてのお話です。
 
 
脳歯科の治療で診査をする中に、眼球を動かしていただいて身体の反応を診るという診察があります。
 
 
これは目の動きと、顎の動きが連動していることを利用した診査です。
 
 
例えば噛み合わせせず軽く上下の歯が離れた状態で身体を正面真っ直ぐにします。
そこで目だけを右に動かすと顎も僅かに動きます。
 
 

そうした時に身体のバランスが悪くなった場合、顎の動きに伴って起きる口の中の粘膜の刺激部位を探していきます。
 
 
 
 
ちょっとご自身でもやってみてほしいのですが、お顔は真っすぐで目だけを右に動かしながら顎も右に動かすのは簡単にできます。
 
 
しかし、目を右に動かしながら顎を左に動かそうとするとなかなかスムーズな動きをするのが難しくなってしまいます。
 
 
これをやってみると口と目は連動していることがわかります。
 
 
 
 
目を動かす神経は、12対ある脳神経の中の
第3、第4、第6脳神経
です。眼球の運動をコントロールしています。
 
 
2537626
 
 

 
 

3.4.6、あれ?5が抜けていますね。第5脳神経は脳神経の中で最も太い三叉神経です。
 
 

三叉神経は眼に関係した神経に挟まれて存在しています。

そして三叉神経は上下の顎や顔面に広く分布している神経です。
 
 
 
 
次は筋肉について見てみましょう。
 
 
眼の動きには後頭下筋群という頭の後ろから首に繋がる筋肉の束が関係しています。
 
 
23242187
 
 

後頭下筋群に関する病気としてはスマホ首に代表されるストレートネックが有名です。
 
 
 
 
首の後ろの筋肉が緊張することにより、下顎が後ろに引っ張られてしまい、首の骨のカーブも変わってしまうことで局所だけでなく様々な症状が出てきます。
 
 
長時間同じ姿勢でスマホやパソコンを見ていると、首肩こり以外にも眼精疲労が出てきます。
 
 
 
 

首の動きと眼の動きは連動しています。例えば、頭を横に動かすときには、眼球もその方向に移動することが一般的です。後頭下筋群が首の動きを制御するためです。眼の動きと首の動きは協調しているのです。
 
 
このように顎、首、目は深く関係しています。
 
 
eye_ganseihirou_smartphone_woman
 
 
首、肩こり、目の奥の痛みで脳歯科の治療で来院された方が、先日再来院された時にお話を伺ったら、前回の治療の数日後から目の痛みが全くなくなったとおっしゃっていました。
 
 
お口の中を調整することで関連した部分の不調が改善されたことになります。
 
 
この方は眼科に通院されていて、あまりに目が痛いので脳神経系の病気ではないかと心配して、質問したくらいだったそうですが、。
先生には可能性を否定されたとのことでした。
 
 
目の痛みはこのような眼精疲労以外にも色々な病気の症状である可能性もありますので、いきなり口の中の調整で何とかしようとは思いません。
 
 
しかしこの方のように眼科で専門的な診断を受けている場合
は、顎から首の緊張を取ることで目の疲労による症状の改善をしていくことも有効ではないかと思います。
 
 
 

もし慢性的な痛みや機能低下がある場合、その原因がお口の中にあるかもしれません。
 

 
脳歯科の治療を選択肢の1つとお考えでしたら、ぜひご相談下さい。
 

 
また一般歯科治療でも身体に最適な治療を受けたいと思われる方もご相談下さい。
 

 

脳歯科の初診は一般の歯科治療の場合とは異なり、2時間のご予約時間をお取りします。

 

このためご予約の際には必ず脳歯科希望の旨をお伝えいただき、時間を確保させていただけますようお願い申し上げます。

 

 

眞美デンタルオフィス

 
 

https://www.mamidentaloffice.jp/braindentistry/

詳しくはこちら


カテゴリー: 全身をととのえる歯科治療〜脳歯科ブログ,脳歯科でできること,脳歯科の診査

片足立ちができますか?〜お口の中と身体のバランス

2023年12月21日 (木)

こんにちは。
 
 

横浜市港北区の歯科医院 眞美デンタルオフィスです。

 
 

こちらのブログでは脳歯科や東洋医学などの話題を書いています。
 
 
 
 
当院では通常の歯科治療と共に、東洋医学や脳歯科などのホリスティックな治療を取り入れて、患者様に最適な治療を選択するようにしています。
 
 
 
 

今日は片足立ちのお話です。

 
 
 
 

TVの健康番組などで、片足立ちがふらつかずに◯◯秒できますか?
という問いかけに、出演者が挑戦して、老化とか筋力低下を測るようなシーンを見ますね。

 
 
289a8851213616712b0168bb2d1526e3_w
 
 

片足立ちというのは身体のバランスや筋力、柔軟性などを示すバロメーターになります。片足で立つことは身体の安定性や体幹の強さを示し、バランス感覚や姿勢の制御力を評価するための一つの方法です。

 
 

片足立ちでふらつく原因はさまざまで、身体の筋力不足、バランス感覚の問題、内耳の不調、神経の問題などが考えられます。また、疲れやストレス、姿勢の悪さ、足や足首のケガなども影響することがあります。詳しい原因は個々の状況や身体の状態によって異なることがあります。

 
 
 
 

筋肉に関しては片足立ちでふらつく場合、足首周りの筋肉、特に足首の安定性を保つための筋肉や脚の筋肉が弱っている可能性があります。さらに、太ももの内側や外側、お尻の筋肉も関与していることがあります。それぞれの筋肉が適切なバランスで強化されていないと、片足立ちでの安定性に影響を及ぼすことがあります。

 
 

脳歯科の治療の時に、腰が痛かったり、お尻の周りの筋肉が痛かったりする方に片足立ちをしていただくと安定性が無く、長い時間片足立ちを続けることは不可能なことが多いです。
数秒で足をついてしまったりすることもあります。

 
 
 
 

片足での動きというと、サッカーのキックやボールのリフティング、野球の投球動作なども影響してきます。

 
 
sports_soccer_pass_man
baseball_pitcher_man

 
 

筋力が低下している場合はもちろんですが、年齢的に若い方で、普段は運動をしているのに、本来の筋力がうまく発揮されないということがあります。

日常的に鍛えていて、筋肉量も申し分ないのに何らかの身体の中の伝達がうまくいかず、本来のパワーが発揮できないのであれば、その部分にアプローチすることで一瞬にパワーアップが期待できます。

 
 
 
 

先日、当院にいらした患者様は治療開始時には片足立ちでかなりふらついていました。

足を上げるのも真っ直ぐではなく、開き気味に足を上げてようやくバランスが取れるという状態でした。

痛みや筋肉のハリもありましたので、それも含めて口腔内の調整をした結果、足を真っ直ぐ上げて片足立ちが安定するようになりました。

直接的には身体、特に骨盤の歪みがあり、そこにつながる背中、大腿部の筋肉がねじれていたのかと思われます。

そしてバランスを取るための脳からの反射の信号がうまく送れていなかったのではと推察します。

 
 
 
 

いずれにしても、脳歯科的にはお口の中が脳と近く、調整することにより神経の伝達の変化が反射能力の改善を生み、また舌の位置の変化が顎の位置を変えて、結果として首⇒肩⇒背中⇒腰と全身的に変化していったと考えられます。

ひたすら筋力を鍛えても、このような部分で改善されないと身体能力がアップしないということもあるのではないでしょうか?

 
 
 
 

片足立ちは手軽な身体のバロメーターです。
もしふらついた時に、単に筋力低下?と思わず、口を大きく開けたり、下顎を突き出したりしながら片足立ちをしてみて下さい。

 
 
 
 

kataashidachi_woman

 
 

 
 

それで片足立ちの安定性が大きく変わるようならば、そのふらつきの原因がお口の中にある可能性が疑われます。
具体的には、舌や頬の内側などが僅かな刺激を受けて身体の安定性を変えている可能性があるということが疑われるのです。

 
 
 

※治療結果は全ての方に共通するものではありません。
治療経過、結果については個人差があります。)

 

もし慢性的な痛みや機能低下がある場合、その原因がお口の中にあるかもしれません。
 

 
脳歯科の治療を選択肢の1つとお考えでしたら、ぜひご相談下さい。
 

 
また一般歯科治療でも身体に最適な治療を受けたいと思われる方もご相談下さい。
 

 

脳歯科の初診は一般の歯科治療の場合とは異なり、2時間のご予約時間をお取りします。
 
 

このためご予約の際には必ず脳歯科希望の旨をお伝えいただき、時
間を確保させていただけますようお願い申し上げます。
 
 
眞美デンタルオフィス

 

https://www.mamidentaloffice.jp/braindentistry/

詳しくはこちら


カテゴリー: 全身をととのえる歯科治療〜脳歯科ブログ,脳歯科でできること

肩や腕を使いすぎて、指がピクピク痙攣する

2023年12月7日 (木)

 
 

横浜市港北区の歯科医院 眞美デンタルオフィスです。

 
  
日吉の慶應の銀杏並木もすっかり色づきました。
 
 
Screenshot_20231207-104130_1
 
 

こちらのブログでは脳歯科や東洋医学などの話題を書いています。
 
 
 
 
当院では通常の歯科治療と共に、東洋医学や脳歯科などのホリスティックな治療を取り入れて、患者様に最適な治療を選択するようにしています。
 
 
 

本日は診療室の出来事からのお話です。

手先をよく使うお仕事をしている60代の男性です。

 

最近仕事が立て込んで忙しくしていたら、何もしていない時間に親指がピクッピクッと痙攣するようになってしまったとのことでした。仕事で力を入れている時は痙攣しないとのことでした。

DSC_0017

御本人は肩が凝っていて、血流が悪くなったためだと思い、マッサージに行って揉んでもらったら痙攣が止まったのですが、また1週間くらいでぶり返してしまったそうです。

確かに少し手を持ち上げて数秒すると親指がピクッピクッと動いています。

 

脳歯科治療で来院されたわけではなかったので、脳歯科の一連の診査はせず、お話を聞いて、診療の合間にOリングテストで原因となる箇所がお口の中にないか調べてみました。

 

まず、下の歯の金属の詰め物の縁が隣の歯と1ミリ弱の段差になっているところに反応が出たので、段差を揃えました。

 

するとOリングの反応は強く閉じて来るようにかわりましたが、わずかに弱く感じたので、次の原因を探りました。

 

 

Oリングで前歯に詰めてある着色した古い樹脂にOリングが緩む反応が出たので、そこをシリコンで研磨し、全部で5分ほどで処置を終えました。
 
 
DSC_0013_1拡大
 
 
10日程経って症状をお伺いすると、あれからすぐに痙攣は止まり、一度もぶり返していないとのことで、とても喜んでいただきました。私もお役に立てて嬉しく思いました。

 

 

(しかし痙攣というのが何か大きな病気の予兆ということもあるのでまたぶり返すようでしたら医科の受診と検査をされることをおすすめしました。)

 

ご本人は「前歯の研磨が効いたような感じがする」とおっしゃっていました。

 

お口の中の着色〜詰め物だけでなく歯についた茶渋なども、それを除去や研磨するだけで身体の不調が改善されるなんて、ピンと来ないと思われますよね?

 

実はこのような事例は脳歯科の勉強会や動画投稿などで、他の脳歯科をやっていらっしゃる先生からもいくつか報告があり、脳歯科的には「あ、そこだったんだ!」と思う原因の一つなのです。

 

一般的にはお口の中の着色が良くないとされている理由は
 
 
・付着物の表面がザラザラしているので、歯垢を付きやすくして虫歯や歯周病のリスクを高める。

 

・審美性を損ねる

 
 
というものです。

 

著色とは、異物です。

歯石などと異なり、そのものが細菌の塊ではないので、直接的な病原性はないと考えらています。
 
 

が、本来あるべきものではないのに存在しているということは事実です。
 
 

これは最初に調整した詰め物の縁の段差も当てはまります。

理想的には隣り合った歯の縁の高さは同じであるのが理想的な姿です。

 

脳歯科でも東洋医学でも調和が健康のカギとなります。

 

調和を乱すこと=身体を乱すこと

乱雑なお部屋にいると気持ちが塞いだりすることと一緒かもしれませんね。

と考えると、著色1つでも身体を乱す原因となることはあり、何かしらの影響を与えても不思議ではないと思っています。

 

それを考えると、定期的なクリーニングは単に虫歯や歯周病の予防だけでなく、全身の状態を良好に保つ役割があるのではないでしょうか。

 

 

 

※治療結果は全ての方に共通するものではありません。

治療経過、結果については個人差があります。)

 

 

 

もし慢性的な痛みや機能低下がある場合、その原因がお口の中にあるかもしれません。

 

 

 

脳歯科の治療を選択肢の1つとお考えでしたら、ぜひご相談下さい。

 

 

 

また一般歯科治療でも身体に最適な治療を受けたいと思われる方もご相談下さい。

 

 

 

 

脳歯科の初診は一般の歯科治療の場合とは異なり、2時間のご予約時間をお取りします。

 

 

 

このためご予約の際には必ず脳歯科希望の旨をお伝えいただき、時間を確保させていただけますようお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

眞美デンタルオフィス

 

 

 

 

<strong><a href=”https://www.mamidentaloffice.jp/braindentistry/”>https://www.mamidentaloffice.jp/braindentistry/</a></strong>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

詳しくはこちら


カテゴリー: 全身をととのえる歯科治療〜脳歯科ブログ,脳歯科でできること

歯科鍼灸のセミナーに参加してきました

2023年11月23日 (木)

こんにちは。
 
 

横浜市港北区の歯科医院 眞美デンタルオフィスです。

 
 

こちらのブログでは脳歯科や東洋医学などの話題を書いています。
 
 
 
 
当院では通常の歯科治療と共に、東洋医学や脳歯科などのホリスティックな治療を取り入れて、患者様に最適な治療を選択するようにしています。
 
 
 
 

先週の土曜日は大阪で開催されたTAO東洋医学研究会の歯科鍼灸セミナーアドバンスコースに参加してきました。
 
 

今回は頭頸部と経絡て繋がっている足のツボ(経穴)を中心に多くの実習を行ってきました。
 
 
Screenshot_20231123-084724_1
 
 
講師はベテランの鍼灸師の先生と、鍼灸師の資格と歯科医師のダブルライセンスの先生方で、少人数グループに分けて丁寧に指導して下さいました。
 
 
 
 
針は針の太さ、刺入する方向や深さ、動かし方などで刺激の強さが異なりますが、場合によっては痛みを感じることがあります。
今回は主に細い針と針をいれる深さ、方向について詳しく教えていただきました。
 
 
Screenshot_20231123-090751_1
 
 
今週当院でたまたま脳歯科と併用して鍼を施術する機会がありました。
開口が困難な患者様です。
 
 
早速細めの鍼を使ってお口の周りと耳の後ろ、足などに鍼を行いましたが、刺入時に刺激を感じず、置鍼後は血流が改善したようで肩の運動範囲も改善しました。
 
 
続けて脳歯科治療も行い、かなりお口が開けられるようになりました。
 
 
脳歯科に鍼を併用する、または漢方薬の処方を併用するということは時々あります。
このような場合、私はどちらを併用するかはOリングで決定します。
 
 
今回は患者様に鍼、漢方の可能性をお伝えしない時点で行ったOリングテストで鍼が(+)漢方が(−)でした。
 
 
 
 
Oリングの結果に従い鍼を選択しましたが、後から患者様と話していると「私、漢方は合わなくて調子が悪くなる事があるので飲まないんです」とおっしゃいました。
 
 
 
Oリングがしっかりと身体の状態を示していたのですね。
 
 
 
 
歯科と鍼の相性はとても良く、全身の経穴(ツボ)の繋がりである経絡の1つに手の陽明大腸経というものがあります。これは別名で歯脈と呼ばれており頭頸部の痛みにとても有効な「合谷」という手のツボも含まれています。
 
 
Screenshot_20231123-090547_1
 
 
脳歯科との併用、単独での歯科鍼灸も行っていますのでご相談下さい。
 
 
私が大阪で宿泊したホテルは昔から薬問屋さんの集まる地域にありました。
地下鉄の階段を上って外に出ると漢方薬局の看板やよく知っている市販薬の会社などの看板が眼に飛び込んでいきます。
 
 
徒歩1分の所に医薬の神様を祀る少彦名神社があったので、お参りしてきました。
 
 
 
Screenshot_20231123-090139_1
 
 
 
※治療結果は全ての方に共通するものではありません。
治療経過、結果については個人差があります。)

 

もし慢性的な痛みや機能低下がある場合、その原因がお口の中にあるかもしれません。
 

 
脳歯科の治療を選択肢の1つとお考えでしたら、ぜひご相談下さい。
 

 
また一般歯科治療でも身体に最適な治療を受けたいと思われる方もご相談下さい。
 

 

脳歯科の初診は一般の歯科治療の場合とは異なり、2時間のご予約時間をお取りします。

 

このためご予約の際には必ず脳歯科希望の旨をお伝えいただき、時間を確保させていただけますようお願い申し上げます。

 

 

眞美デンタルオフィス

 
 

https://www.mamidentaloffice.jp/braindentistry/

 

詳しくはこちら


カテゴリー: 全身をととのえる歯科治療〜脳歯科ブログ,歯科鍼灸,脳歯科でできること

脳歯科外来から〜手や足のしびれ

2023年11月9日 (木)

こんにちは。
 
 

横浜市港北区の歯科医院 眞美デンタルオフィスです。

 
 

こちらのブログでは脳歯科や東洋医学などの話題を書いています。
 
 
 
 
当院では通常の歯科治療と共に、東洋医学や脳歯科などのホリスティックな治療を取り入れて、患者様に最適な治療を選択するようにしています。
 
 
 
 

今日は手や足のしびれのお話です。
 
 
 
 
脳歯科治療で来院される方の中には肩の痛みや腰の痛みなどと共に、しびれについてもお困りの方がいらっしゃいます。
 
 
そしてしびれの症状はかなり前からあるとおっしゃる方が多いですが、実際に日常生活に支障をきたす程度ではないために、何となく放置してしまっているという方が殆どです。
 
 

 
 

ここでお話するのは、肩や腰の血流が悪くなって起こったと思われたしびれの患者様方のお話です。
 
 
 
 
・ぎっくり腰を度々経験している患者様。
 
 
7464328a7e964400a71614ddaa3c39fc_w
 
 

足の指が痺れて、片足ケンケンや片足立ちもできない。
夜間の食いしばりも強く、眠りも浅い。
 
 
という方でした。
脳歯科治療で、口の中の刺激部位を探して調整、及び
虫歯で崩壊していた一本の歯の虫歯治療により、食いしばりも減少してよく眠れるように改善。
 
 
数ヶ月後には痺れも無くなり、片足立ちも片足ケンケンもできるようになりました。
 
 

 
 
・大がかりな歯科治療後に、身体の突っ張り感、歩きにくさ、腰から大腿部の痺れを訴えていた患者様。
 
 
81b4314ef86a0ebea68666da9accbc17_t
 
 

こちらも脳歯科で、被せ物の除去、仮歯を入れた時点で痺れはなくなっていました。
 
 
身体の突っ張り感や肩の固さも大幅に改善しました。

 
 
 
 
・食いしばりがひどく、肩こり、睡眠障害、頭痛、手の痺れを訴えていた患者様
 
 
f5b8f78e87d9e0c904538d9a56e81999_w
 
 

こちらも食いしばりの頻度が減り、痺れは一回めの治療後に消失しました。
 
 
 
 
この3例はおそらく腰、首や腕の緊張による血流障害が原因となっていて、脳歯科治療で緊張が取れてしびれがなくなったのだと思われます。
 
 
このようなしびれは、血流障害が原因なので、脳歯科の治療で身体の緊張を起こすような原因が取り除かれたため改善が見られたと思います。
 
 
 
 
比較的短期間でしびれが改善され、これらの場合は口腔内からのアプローチが、有効であったと考えています。

 
 
 
 
 
しかし、気をつけないといけないのは、
しびれというのは、様々な原因から起こっています。
 
 
 
 

以下日本臨床内科医会 ホームページより一部引用
 
 
脊せきずい髄や神経根の病気
 
 
椎間板ヘルニア、脊髄損傷、頸椎症、脊髄腫瘍などです。
 
 
末梢神経の障害
さまざまな原因で起こる多発性ニューロパチー(末梢神経障害)や手根管症候群・足根管症候群※などがあります。
 
 
末梢血管の血流が悪い
閉塞性動脈硬化症、バージャー病などがあてはまります。正座で足がしびれるのは、一時的に足の血流が悪くなるためです。
 
 
骨や関節の怪我・病気
怪我など、骨や関節そのものに障害が起きていることも考えられます。また、リウマチや痛風など、全身性の病気にも、関節に障害が起こりやすい病気があります。
 
 
糖尿病
糖尿病をきちんと治療しないと、末梢神経に障害が起こり、足や手にしびれや痛み、麻痺が現れます。この場合はふつう、片方の足や手よりも、両足・両手、左右対称に症状が現れます。
 
 
よくない姿勢
猫背など、背筋が曲がるなどのからだによくない不自然な姿勢が続くことで、部分的に血流が悪くなり、しびれや痛みが自覚されることもよくあります。症状は、きき腕と反対側に現れやすい傾向があります。
 
 
その他
詳しく検査をしても、しびれや痛みの原因が、これといって見つからないことも少なくありません。ウイルスの感染、更年期障害やうつ病の一症状、または精神的なストレス、不安感などが原因と推測されるケースもあります。
 
 
引用以上
 
 
 
 
このように、しびれが重篤な病気のサインであることもあるので、医科の受診もおすすめします。

 
 
※治療結果は全ての方に共通するものではありません。
治療経過、結果については個人差があります。)

 

もし慢性的な痛みや機能低下がある場合、その原因がお口の中にあるかもしれません。
 

 
脳歯科の治療を選択肢の1つとお考えでしたら、ぜひご相談下さい。
 

 
また一般歯科治療でも身体に最適な治療を受けたいと思われる方もご相談下さい。
 

 

脳歯科の初診は一般の歯科治療の場合とは異なり、2時間のご予約時間をお取りします。

 

このためご予約の際には必ず脳歯科希望の旨をお伝えいただき、時間を確保させていただけますようお願い申し上げます。

 

 

眞美デンタルオフィス

 
 

https://www.mamidentaloffice.jp/braindentistry/

 

詳しくはこちら


カテゴリー: 全身をととのえる歯科治療〜脳歯科ブログ,脳歯科でできること

眞美デンタルオフィス

神奈川県横浜市港北区日吉本町1丁目19-16
石川ビル1F 日吉駅西口中央通り徒歩1分

TEL045-563-4418

診療時間9:30〜18:00(土曜日〜14:30)

診療時間
午前 9:30~12:30 × ×
午後 14:00~18:00 × × ×

土曜日は9:30〜14:30(昼休みなし)
  休診日 木・日・祝祭日

Copyright © Mami dental office ,All Rights Reserved.

初めての方はお読みください

ご予約はお電話にて承っております 045-563-4418