Dr.マミの歯のブログ

脳歯科外来から〜Oリングテストで身体が教えてくれる

2023年7月20日 (木)

 

こんにちは。

 

横浜市港北区の歯科医院 眞美デンタルオフィスです。

 

 

 

 

こちらのブログでは脳歯科や東洋医学などの話題を書いています。

 

当院では通常の歯科治療と共に、東洋医学や脳歯科などのホリスティックな治療を取り入れて、患者様に最適な治療を選択するようにしています。

 

今日はOリングテストについて、感じることをお話しようと思います。

 

Oリングテストについては以前の記事にも書いていますが、身体の筋肉反射テストの1つで、ニューヨーク大学やニューヨーク心臓病研究所所長を歴任された医師、大村恵昭博士が開発されました。

脳歯科で使うOリングテスト

 

 

指でO(オー)の形の輪っかを作りそれを術者が引っ張り、開くか開かないかを

みていきます。

 

 

身体にとって合わない物や、嫌な刺激が与えられた時に筋力が低下して指の筋力が弱まり、左右に引っ張るとOリングはパッと開いてしまいます。

 

 

時には触れる前から開いてしまうこともあります。

 

脳歯科の治療ではこのOリングテストが主な検査方法となり、治療すべき箇所を絞り込んで行きます。

 

痛いところを触るとOリングは開くのか?というと、そうでもありません。

 

患者様は右の歯が痛いとおっしゃっていても、左の歯でOリングが開いてしまうこともよくあります。

 

正直Oリングテストを臨床に取り入れ始めた頃は、自分のテストが不正確なのか?と疑うこともありました。

しかし、実際Oリングで反応が出た歯を調整すると元々あった痛みが消えてしまうので、だんだんと「原因は離れた所にある」ということがとても多いことがわかってきました。

 

今では先入観なしに全身を対象に検査をして、どんなに離れた所に反応が出ても「なるほど」と思って治療を組み立てています。

 

先日も左の歯が歯磨きの時に痛いとおっしゃった患者様は左下の一番奥の歯の表面のくぼみを金属の器具で触るとお痛みがありました。

 

虫歯はありません。

表面のエナメル質の剥離による知覚過敏と思われます。

 

くぼみはとても浅く小さくて、詰めるような状態でもありません。

 

知覚過敏は神経の興奮によるものなので、基本は削らず表面にお薬を塗って刺激の遮断をし、神経が落ち着くのを待つのが主流の治療法です。

 

Oリングテストをしてみると反対側、右側の歯の被せ物の側面に反応が出ます。

そこでその金属の歯肉に近い場所を少し研磨したところ、左の知覚過敏は消えてしまいました。

 

おそらく右の被せ物の膨らみが頬に刺激を与え、噛み合わせの時顎の動きがいつもと違っていたのかと思われます。

 

そのため、左の痛くなった歯に過大な力が加わり、知覚過敏が起こったと考えました。

 

 

翌日ご報告いただいた所によれば

 

左下は昨夜も今朝も歯ブラシ当てても痛みがなかったです
右下7は固いもの噛むと痛みがあるものの、何もしないでも痛かったのは解消されています

とのことでした。

 

このようにOリングテストでは痛いところとは離れた所に反応が出ます。

 

全身でも腰が痛いけれど首に反応が出て、更に絞ると歯に行き着くという具合です。

 

私はOリングの反応をガイドに、問診内容を加味して治療場所を決めていくだけなのですが、時々患者様の身体が「こっちこっち!」「ここ!」と教えてくれているように感じることをがあります。

 

鍼治療でも経絡と言って全身の経穴(ツボ)が繋がっているため、痛んでいるところから遠い場所かは繋がりに沿って鍼を打ちます。

 

しかしOリングテストの結果ではそのルートは決められていません。

 

時には今でも内心「ここ??」と思うほど一見無関係と感じられる所に反応が出ることがありますが、それはあくまで自分の先入観だと考え直し、治療を進めていきます。

 

実は身体は結構不調を伝えたがっていると脳歯科治療をしていて強く思うようになりました。

その伝えたい不調がキャッチできれば未病の段階で対応できるのではないかと思います。

 

 

 

(※ご紹介した治療結果は一例であり、全ての方に共通するものではありません。

 

治療経過、結果については個人差があります。)

 

 

もし慢性的な痛みや機能低下がある場合、その原因がお口の中にあるかもしれません。

 

 

脳歯科の治療を選択肢の1つとお考えでしたら、ぜひご相談下さい。

 

 

また一般歯科治療でも身体に最適な治療を受けたいと思われる方もご相談下さい。

 

 

脳歯科の初診は一般治療の場合とは異なり、2時間のご予約時間を時間をお取りします。

 

ご予約の際には必ず脳歯科希望の旨をお伝えいただきますようお願い申し上げます。

 

 

眞美デンタルオフィス

 

https://www.mamidentaloffice.jp/braindentistry/

詳しくはこちら


カテゴリー: 全身をととのえる歯科治療〜脳歯科ブログ,脳歯科でできること,脳歯科とはどんな事をするの?,脳歯科の意義,脳歯科の診査

脳歯科外来から〜金属のスプーンを口に入れると不快感があり食べられない

2023年7月13日 (木)

こんにちは。

 

 

横浜市港北区の歯科医院 眞美デンタルオフィスです。

 

 

こちらのブログでは脳歯科や東洋医学などの話題を書いています。

 

当院では通常の歯科治療と共に、東洋医学や脳歯科などのホリスティックな治療を取り入れて、患者様に最適な治療を選択するようにしています。

 

 

 

今日は金属製のスプーンで食事ができないというお話です。

 

 

 

その方は元々お口の中に入っていた被せ物と土台が折れてしまったということで来院されました。

 

 

奥歯には義歯を装着しているのですが、殆ど使用されていないとのこと。

 

 

理由は義歯の異物感と、義歯についている金属のバネ(クラスプ)が義歯を入れる時に歯にあたるとゾワゾワして使えないとのことでした。

 

 

しかし義歯を入れないことで、残った歯に過大な力がかかり、今回の歯が折れてしまったようです。

 

よくよくお話を伺うと、金属のスプーンで食事をすることもできず、外食の時はご自分でブラスチックスプーンとフォークを持参されるほど、金属でのゾワゾワは強いということでした。

 

 

折れた歯はまた治療して使える状態でしたが、義歯を入れていただかないと同じことが繰り返されるので、何とかしましょうということになりました。

 

 

そして外食でも普通にお店のスプーンやフォークが使えれば、更にハッピーですよね?

 

syokuji_steak_woman

 

 

ということで治療を始めました。

 

 

ゾワゾワの原因はお口の中に流れるガルバニック電流という微小な電流だと思われます。

 

science_machine_denryukei

 

 

 

お口の中に電位差が大きい異種金属が存在すると、唾液を介してお口の中が電池のようになり電流が発生して不快な感触が起こります。
アルミホイルを噛んでしまった時など経験した方もいらっしゃるかと思います。

 

 

 

これを歯科ではガルバニック電流と言いますが、そもそもは生体内で化学的に発生する電流全般を指す用語です。

 

 

歯科では一般にイオン化しやすい卑金属の歯科材料などが原因となりやすいと考えられています。

 

 

患者様のお口の中には何本も金銀パラジウム合金(保険診療で入れるいわゆる銀歯)と思われるの詰め物や被せ物がありました。

 

 

 

銀歯全てが原因とも考えにくいですし、全てをセラミックやレジンというプラスティックに取り替えるのは、時間的にもまた歯を削る量的にも適切とは思えませんでした。

 

 

また患者様は顎関節症であったので、噛み合わせの急激な変化を起すことも避けたいと考えました。

 

 

 

そこでOリングテストを使って原因歯の特定を試みまたところ、金銀パラジウム合金の冠が入った下の奥歯の一本にOリングがネガティブな結果を示しました。

 

 

患者様によく説明と相談をして同意を得た上でこの冠を外し、プラスティックの仮歯に変えました。

 

 

更に義歯の問題箇所もOリングテストで同定し、バネの露出した部分を一箇所ブラスチックで覆うと義歯装着時のゾワゾワはなくなりました。

 

 

治療後、お家で試しに金属スプーンで食べていただきましたが、こちらも大丈夫とのことでした。

 

 

 

金属、特に卑金属はイオン化(腐食)が起こりやすく、それが外部からの異種金属と反応して唾液を介してお口の中の電池状態を作り出すので、また残りの金属のどこかが変化して原因になる可能性はありますが、最小限の治療で不快事項を改善できたのは、Oリングテストで特定できたおかげかと思います。

 

 

 

他にも電磁波や舌への刺激なども診査をしましたが
こちらは大きな問題はなく、現在のお口の中の環境に馴染み、落ち着いたら仮歯を最適な材料で最終的な冠に変える予定です。

 

(※ご紹介した治療結果は一例であり、全ての方に共通するものではありません。

 

治療経過、結果については個人差があります。)

 

 

もし慢性的な痛みや機能低下がある場合、その原因がお口の中にあるかもしれません。

 

 

脳歯科の治療を選択肢の1つとお考えでしたら、ぜひご相談下さい。

 

 

また一般歯科治療でも身体に最適な治療を受けたいと思われる方もご相談下さい。

 

 

脳歯科の初診は一般治療の場合とは異なり、2時間のご予約時間を時間をお取りします。

 

ご予約の際には必ず脳歯科希望の旨をお伝えいただきますようお願い申し上げます。

 

 

眞美デンタルオフィス

 

https://www.mamidentaloffice.jp/braindentistry/

詳しくはこちら


カテゴリー: 全身をととのえる歯科治療〜脳歯科ブログ,脳歯科でできること,脳歯科の診査

歯科治療の困り事〜嘔吐反射

2023年6月22日 (木)

こんにちは。
 
 

横浜市港北区の歯科医院 眞美デンタルオフィスです。

 
 

こちらのブログでは脳歯科や東洋医学などの話題を書いています。

当院では通常の歯科治療と共に、東洋医学や脳歯科などのホリスティックな治療を取り入れて、患者様に最適な治療を選択するようにしています。
 
 
 
 
歯科治療をしていると、歯の型取りをする時や奥の歯を削っていて気持ち悪くなる患者様はあまり珍しくありません。
朝起きて歯磨きの時に奥歯に歯ブラシを入れたらオエッとなるというお話もたまに伺います。
またマウスピースや入れ歯が気持ち悪くて入れられないという方もいらっしゃいます。
 
 
このようにお口の中、特に喉の奥に物が触れるとオエッと気持ち悪くなる嘔吐反射(異常絞扼反射)が起こることが多いです。また人によっては触れそうになっただけでこの反射が起こることもあります。
 
 
私が今までに経験してこの反射が一番強かった経験は、歯科医になって2年目くらいでした。
とある会社に歯科検診に行った時です。
20代の男性会社員の方で、ミラーがわずかに唇にふれただけで嘔吐反射が出てしまい、結局その方は検診ができませんでした。
 
 
まだ経験の浅い歯科医だった私は、これから度々このような状況になったらどうすればいいのだろう?と強い不安を覚えました。
 
 
しかしそれ以来何十年も歯科医をしていますが、そこまで反射が強い方には出会った経験はありませんので、やはりあの方は相当強い嘔吐反射をもっていらしたのだなぁと時々思い出します。
 
  
 
 
嘔吐反射は、生理的な反射であったり過去の気持ち悪くなった記憶や歯科治療への恐怖心などの精神的な要因が考えられます。
 
 
この反射が強い患者様は治療内容によって、通常の歯科治療を行うことが難しいこともあります。
 
 
場合によっては、笑気麻酔や静脈内鎮静法などを使って反射を抑えながら治療することもあります。
 
 
そこまで強くない場合は、当院では器具の位置に配慮したり水が大量にお口の中に溜まらないようにするなどの工夫をして治療できることもあります。
また触る場所や治療内容によっては、ラバーダムというゴムのシートで口の中から治療部位だけを隔離することで楽に治療できることもあります。
 
  
 
 
その他にはツボの刺激も有用と言われています。
 
 
左右の鎖骨の間あたりにある「天突」、手首の内側の「内関」という経穴(ツボ)を圧迫したり、シール状の置鍼を貼るなどして反射を軽減することができます。
DSC_0573_1_1
DSC_0577_1_1
坂元 大海 他1名
ツボ単―経穴取穴法・経穴名由来解説・腧穴単語集より
 
 
DSC_0572_1
 
 
このシール状の置鍼は当院に常備しているので、不安な方はお申し出いただけたら使うことができます。
 
 
 
 
またマウスピースなどのお口の中に入れる装置が気持ち悪い場合は、脳歯科治療の出番です。
 
 
まずはお口の中に入れる以前に装置の形や厚みがその方に合っているかどうかをOリングテストでチェックをして修整をします。
 
 
次にお口の中に入れていただいた時に嘔吐反射が引き起こされる接触がある部位をOリングテストでチェックして更に修整を加えます。
 
 
これによってかなり辛さが改善することができる事が多いです。
 
 
そもそも口腔内で嘔吐反射が起きやすい場所というのは決まっていて、口蓋の後方真ん中辺りや下顎の喉に近い内側の部分など、学校でも入れ歯の調整の時に教わっています。
 
 
しかしOリングでチェックすると、そのような部位以外に反応が悪い所が度々出てきます。
時にはえっ?こんなところ?と思うようなところでOリングテストがネガティブになることもあります。
 
 
そこを調整するとスッと問題なくお口の中に入れられるようになった経験は何度かあります。
 
 
セオリー通りの調整で改善しない場合にはとても有効だと感じます。
 
 
 
 
歯科治療というのは、敏感な口の中に様々な刺激が加わる行為です。
できる限り楽に治療を受けていただくために、西洋医学的なアプローチだけでなく、引き出しの中から様々な方法を組み合わせて、苦痛を取り除きたいと思います。
 
 

もし慢性的な痛みや機能低下がある場合、その原因がお口の中にあるかもしれません。
脳歯科の治療を選択肢の1つとお考えでしたら、ぜひご相談下さい。
 
 
また一般歯科治療でも身体に最適な治療を受けたいと思われる方もご相談下さい。
 
 
脳歯科の初診は一般治療の場合とは異なり、2時間のご予約時間を時間をお取りします。
 
ご予約の際には必ず脳歯科希望の旨をお伝えいただきますようお願い申し上げます。
 
 
眞美デンタルオフィス

https://www.mamidentaloffice.jp/braindentistry/

詳しくはこちら


カテゴリー: 全身をととのえる歯科治療〜脳歯科ブログ,歯科鍼灸,脳歯科でできること

原因不明の痛みと言われる痛覚変調性疼痛〜舌痛症などに脳歯科は有効?

2023年6月15日 (木)

こんにちは。
 
 

横浜市港北区の歯科医院 眞美デンタルオフィスです。

 
 

こちらのブログでは脳歯科や東洋医学などの話題を書いています。

当院では通常の歯科治療と共に、東洋医学や脳歯科などのホリスティックな治療を取り入れて、患者様に最適な治療を選択するようにしています。
 
 
 

先日送られてきた保険医協会(医科と歯科の保険医団体)の月刊誌 「月刊保団連」に特発性口腔顔面痛について臨床研究の記事がありました。
 
 

静岡市立清水病院口腔外科の井川雅子先生と、東北医科薬科大学精神科学教室の山田和男先生が執筆されています。
 
 

今回は痛みについて、こちらを参考にして書かせていただきます。
 
 
 
 

口腔顔面部の原因不明の慢性疼痛というものがあります。
一般的には顔や歯の不規則な痛みや舌痛症などがこれに含まれます。
 
 

特発性=原因不明ということで
国際口腔顔面痛分類では
 
 
 
・口腔灼熱症候群(いわゆる舌痛症)
 
・持続性特発性顔面痛
 
・持続性特発性歯痛
 
 
の3つに分類されます。

ここでは主に口腔灼熱症候群(舌痛症)について考えたことを書いてみたいと思います。
 
 
 
この病気の定義は
3ヶ月を超えて持続する口腔内のカーっとした燃えるような激しい痛みや異常感覚がありながら実際には様々な診査で病変が見いだせないということです。
 
 
 
この病気の始まりは特に何があったというのではなく、ある日突然痛くなったということが多いです。
この記事によると心理的要因が関与することも示唆されているそうです。

 
 
この病気にかかる人は9割が女性で、特に60歳以降増加するとありました。
 
当院での治療経験からも女性で、50、60代の方が多いように感じます。
 
 
 

2017年に国際疼痛学会は第3の痛みとして、
non specific pain 痛覚変調性疼痛という新しい分類を提唱しました。
 
 
これは痛覚に関係する脳神経系の変化、変調によって生じる痛みと説明されています。
 
身体の組織損傷が何も無くても、痛みを感じている状態ということです。
 
 
 
Screenshot_20230615-060438~2
 
 
 
朝日新聞デジタル 阿部彰芳
2021/11/4 記事より引用
 
 

以前は痛みというものは、怪我や虫歯による神経の損傷、三叉神経痛なとの神経障害など、身体の各部位の末梢が原因とされてきました。
 
 
しかし第3の痛みでは中枢が変調を起こしているということが新しい概念となっています。
全身の疾患では繊維筋痛症
 
 
 
中枢=脳と脊髄の神経系です。
 
 
 
以前ブログに書きましたが、当院での脳歯科の治療で舌痛症の症状改善を経験しています。
 
今回、このやはり口腔内からのアプローチが中枢に与える影響は大きいと改めて思った記事でした。
 
 
 
通常のレントゲン、視診、検査数値では原因が明らかにならず、原因不明とされてきました。
しかしOリングテストを主とした脳歯科の診査で関与していると思われる口腔内の部位を調整することは症状改善に有効ではないかと思われます。
また、中枢から全身へと治療効果を出すので鍼灸や漢方などの東洋医学的な治療も期待できるのではないでしょうか。
こちらも当院では舌痛症の治療に脳歯科と並行して行うこともあります。
 
 
 
ただ臨床研究の記事では三環系抗うつ薬が症状改善に奏功するという報告があることや、イギリスの国立技術評価機構ガイドラインでも痛覚変調性疼痛の痛みに抗うつ薬を推奨しているということも書かれていました。
 
 
 
そしてこれらを用いる場合には医科と歯科の連携が必須です。
 
 
 
記事は早期診断、治療をすることで重症化させず治癒に導くことが可能な疾患であると結んでありました。
 
 
 
早期に回復に向かうために選択肢の1つとして脳歯科の治療も役立てるのではないかと考えています。
 
 
 
もし慢性的な痛みや機能低下がある場合、その原因がお口の中にあるかもしれません。
脳歯科の治療を選択肢の1つとお考えでしたら、ぜひご相談下さい。
 
 
また一般歯科治療でも身体に最適な治療を受けたいと思われる方もご相談下さい。
 
 
脳歯科の初診は一般治療の場合とは異なり、2時間のご予約時間を時間をお取りします。
 
ご予約の際には必ず脳歯科希望の旨をお伝えいただきますようお願い申し上げます。
 
 
眞美デンタルオフィス

https://www.mamidentaloffice.jp/braindentistry/

詳しくはこちら


カテゴリー: 全身をととのえる歯科治療〜脳歯科ブログ,脳歯科でできること

足の指と顎関節

眞美デンタルオフィス

神奈川県横浜市港北区日吉本町1丁目19-16
石川ビル1F 日吉駅西口中央通り徒歩1分

TEL045-563-4418

診療時間9:30〜18:00(土曜日〜14:30)

診療時間
午前 9:30~12:30 × ×
午後 14:00~18:00 × × ×

土曜日は9:30〜14:30(昼休みなし)
  休診日 木・日・祝祭日

Copyright © Mami dental office ,All Rights Reserved.

初めての方はお読みください

ご予約はお電話にて承っております 045-563-4418