Dr.マミの歯のブログ

脳歯科外来から〜Oリングテストで身体が教えてくれる

2023年7月20日 (木)

 

こんにちは。

 

横浜市港北区の歯科医院 眞美デンタルオフィスです。

 

 

 

 

こちらのブログでは脳歯科や東洋医学などの話題を書いています。

 

当院では通常の歯科治療と共に、東洋医学や脳歯科などのホリスティックな治療を取り入れて、患者様に最適な治療を選択するようにしています。

 

今日はOリングテストについて、感じることをお話しようと思います。

 

Oリングテストについては以前の記事にも書いていますが、身体の筋肉反射テストの1つで、ニューヨーク大学やニューヨーク心臓病研究所所長を歴任された医師、大村恵昭博士が開発されました。

脳歯科で使うOリングテスト

 

 

指でO(オー)の形の輪っかを作りそれを術者が引っ張り、開くか開かないかを

みていきます。

 

 

身体にとって合わない物や、嫌な刺激が与えられた時に筋力が低下して指の筋力が弱まり、左右に引っ張るとOリングはパッと開いてしまいます。

 

 

時には触れる前から開いてしまうこともあります。

 

脳歯科の治療ではこのOリングテストが主な検査方法となり、治療すべき箇所を絞り込んで行きます。

 

痛いところを触るとOリングは開くのか?というと、そうでもありません。

 

患者様は右の歯が痛いとおっしゃっていても、左の歯でOリングが開いてしまうこともよくあります。

 

正直Oリングテストを臨床に取り入れ始めた頃は、自分のテストが不正確なのか?と疑うこともありました。

しかし、実際Oリングで反応が出た歯を調整すると元々あった痛みが消えてしまうので、だんだんと「原因は離れた所にある」ということがとても多いことがわかってきました。

 

今では先入観なしに全身を対象に検査をして、どんなに離れた所に反応が出ても「なるほど」と思って治療を組み立てています。

 

先日も左の歯が歯磨きの時に痛いとおっしゃった患者様は左下の一番奥の歯の表面のくぼみを金属の器具で触るとお痛みがありました。

 

虫歯はありません。

表面のエナメル質の剥離による知覚過敏と思われます。

 

くぼみはとても浅く小さくて、詰めるような状態でもありません。

 

知覚過敏は神経の興奮によるものなので、基本は削らず表面にお薬を塗って刺激の遮断をし、神経が落ち着くのを待つのが主流の治療法です。

 

Oリングテストをしてみると反対側、右側の歯の被せ物の側面に反応が出ます。

そこでその金属の歯肉に近い場所を少し研磨したところ、左の知覚過敏は消えてしまいました。

 

おそらく右の被せ物の膨らみが頬に刺激を与え、噛み合わせの時顎の動きがいつもと違っていたのかと思われます。

 

そのため、左の痛くなった歯に過大な力が加わり、知覚過敏が起こったと考えました。

 

 

翌日ご報告いただいた所によれば

 

左下は昨夜も今朝も歯ブラシ当てても痛みがなかったです
右下7は固いもの噛むと痛みがあるものの、何もしないでも痛かったのは解消されています

とのことでした。

 

このようにOリングテストでは痛いところとは離れた所に反応が出ます。

 

全身でも腰が痛いけれど首に反応が出て、更に絞ると歯に行き着くという具合です。

 

私はOリングの反応をガイドに、問診内容を加味して治療場所を決めていくだけなのですが、時々患者様の身体が「こっちこっち!」「ここ!」と教えてくれているように感じることをがあります。

 

鍼治療でも経絡と言って全身の経穴(ツボ)が繋がっているため、痛んでいるところから遠い場所かは繋がりに沿って鍼を打ちます。

 

しかしOリングテストの結果ではそのルートは決められていません。

 

時には今でも内心「ここ??」と思うほど一見無関係と感じられる所に反応が出ることがありますが、それはあくまで自分の先入観だと考え直し、治療を進めていきます。

 

実は身体は結構不調を伝えたがっていると脳歯科治療をしていて強く思うようになりました。

その伝えたい不調がキャッチできれば未病の段階で対応できるのではないかと思います。

 

 

 

(※ご紹介した治療結果は一例であり、全ての方に共通するものではありません。

 

治療経過、結果については個人差があります。)

 

 

もし慢性的な痛みや機能低下がある場合、その原因がお口の中にあるかもしれません。

 

 

脳歯科の治療を選択肢の1つとお考えでしたら、ぜひご相談下さい。

 

 

また一般歯科治療でも身体に最適な治療を受けたいと思われる方もご相談下さい。

 

 

脳歯科の初診は一般治療の場合とは異なり、2時間のご予約時間を時間をお取りします。

 

ご予約の際には必ず脳歯科希望の旨をお伝えいただきますようお願い申し上げます。

 

 

眞美デンタルオフィス

 

https://www.mamidentaloffice.jp/braindentistry/

詳しくはこちら


カテゴリー: 全身をととのえる歯科治療〜脳歯科ブログ,脳歯科でできること,脳歯科とはどんな事をするの?,脳歯科の意義,脳歯科の診査

脳歯科外来から〜どうしてずっと痛かった肩が急に動いたの?

2023年7月6日 (木)

こんにちは。
 
 

横浜市港北区の歯科医院 眞美デンタルオフィスです。

 
 

こちらのブログでは脳歯科や東洋医学などの話題を書いています。

当院では通常の歯科治療と共に、東洋医学や脳歯科などのホリスティックな治療を取り入れて、患者様に最適な治療を選択するようにしています。

 
 

以前、音や振動で身体が変わる?ということでブログをアップしました。

音や振動で身体が変わる


 
 
 
 
今回も音や振動と身体の変化の関係についてお話をしたいと思います。
 
 
音や振動は目に見えず、普段は気にならないものです。
目に見えないということで言えば電磁波や化学物質に過敏な反応がでて、体調を崩される方もいらっしゃることは最近徐々に認識が広まっています。
 
 
これらは全て波、波動として人の身体に届いていますが、通常は私達は気づくことがありません。
 
 
Wi-Fiは至るところで飛んでいるはずですが、意識せず日常生活を送っています。
 
私も外でWi-Fiを繋ごうとすると候補がダーっと表示されて、あーこんなに様々な電波が飛んでるだなと思うのが唯一意識する瞬間です。
 
 
また新築のお家で体調を崩したという話があります。
これも建材に使われている化学物質が身体に影響を与えるためと考えられています。
 
 
化学物質、電磁波は何となく身体に良くないというイメージが湧くかと思いますが、音や光、振動なども波です。
こちらはそんなに身体に影響があるの??という感じですよね。
 
 
 
 

この前治療をしていた時のお話です。

その方は昨年から他院で噛み合わせの調整を受けていましたが、口が開かない、頭痛、腕が上がらないなどの症状が出たので脳歯科治療を希望されて当院を受診されました。

Oリングテストで調べていくと、一本の前歯に反応が悪い所があったので、そこをまず調整することにしました。
 
 
調整前には使うバー、回転数、回転方向、器具を動かす方向などをOリングテストで決定します。
 
 
それから歯に向かって調整するイメージで歯に当てず歯の近くで空回転させて、Oリングが閉まることを確認してから初めて実際に歯に調整を加えます。
 
&nbsp
たまたまその時は空回転後にOリングで確認をした後に、腕どうですか?とお聞きして実際に上げていただいたらスッと頭の上まで手が上がりました。
いらした時は水平ぐらいで痛くて上げられなかったのが難なく動いたのです。
 
&nbsp
 
その方は一瞬無言、それから大爆笑されました。
 
&nbsp
 
脳歯科的には器具の回転の振動や音、風が作用して身体が改善したというのは、当然のことなので、うまく波動が当たって体が緩んだのだと思います。
 
&nbsp
しかしご本人はまだ何も触られていないのに身体が動くようになったと言うことがすぐには理解しがたくて笑ってしまったとおっしゃっていました。
 
&nbsp
意識していないもの、目に見えないものについては、「無いもの」と考えてしまいますが、本当は「ある」ことも沢山あります。
レントゲンや写真も見えないけれど、ちゃんとフィルムに画像が写るので皆さん何も違和感は感じません。
 
&nbsp
大昔は写真を撮ると魂を抜かれるなどと言われていた時代もありましたよね。
IMG_2195

 
&nbsp
結局その方は実際に歯の調整や研磨を行い、口の開き方や肩については殆ど以前のように改善し、その日の治療は終わりました。
 
 
この日は噛み合わせの調整は全く行っていません。
 
 
歯の側面や裏側の刺激になっている箇所を研磨したのみです。
 
 
まだ解決する問題が残っているので後日引き続き治療を行う予定です。
 
 
 
 
このような波動で身体を変えることが脳歯科の治療の基本的な考え方です。
 
 
 
 
日本には言霊という言葉がありますが、その響きで物事が変わっていくと言われて来ました。
 
 
 
 

DSC_1829
この写真は昨年、宮崎県の高千穂神社のお祭りの初日に撮影したものです。これからお祭りに参加する地元の中学生たちが真剣に祝詞に耳を傾け、拝殿は静謐な雰囲気に包まれていました。

古来より祈る言葉、神社の祝詞、お経で人々は救われると思っていました。
それは言葉の意味を理解して聴くだけではなく、音の響きそのものも大きな力になっていたのではないかと思います。

 
 
 
 

(※ご紹介した治療結果は一例であり、全ての方に共通するものではありません。
治療経過、結果については個人差があります。)

 
 
 
もし慢性的な痛みや機能低下がある場合、その原因がお口の中にあるかもしれません。
脳歯科の治療を選択肢の1つとお考えでしたら、ぜひご相談下さい。
 
 
また一般歯科治療でも身体に最適な治療を受けたいと思われる方もご相談下さい。
 
 
脳歯科の初診は一般治療の場合とは異なり、2時間のご予約時間を時間をお取りします。
 
ご予約の際には必ず脳歯科希望の旨をお伝えいただきますようお願い申し上げます。
 
 
眞美デンタルオフィス

https://www.mamidentaloffice.jp/braindentistry/

詳しくはこちら


カテゴリー: 全身をととのえる歯科治療〜脳歯科ブログ,脳歯科とはどんな事をするの?

脳歯科認定講師、資格更新しました。

2023年5月25日 (木)

こんにちは。
 
 

横浜市港北区の歯科医院 眞美デンタルオフィスです。

 
 

こちらのブログでは脳歯科や東洋医学などの話題を書いています。

当院では通常の歯科治療と共に、東洋医学や脳歯科などのホリスティックな治療を取り入れて、患者様に最適な治療を選択するようにしています。
 
 
 
私は昨年から脳歯科の認定講師として、脳歯科の勉強会の講師をしています。
&nbsp
&nbsp
認定講師は脳歯科認定医となって、一定年月の経過やセミナー参加、症例報告などの条件が満たされるとなることができます。
 
 

講師の認定は1年ごとで、常に知識と技術をアップデートをすることが義務付けられています。
認定講師になることで自分で脳歯科セミナーの開催や、大きなセミナーの講師陣として参加することが許可されます。
&nbsp
&nbsp
先日無事にまた更新をすることができました。
&nbsp
更に学び続けて、更新が途切れないようにしたいと思います😊
 
DSC_0420

 
 

現在の脳歯科認定講師としてのメインの仕事は東京脳歯科セミナーの講師です。
 
 
 

脳歯科の知識や技術を習得したい歯科医師を対象に月1回、6回連続のセミナーです。
 
 
 
講義だけではなく、参加者相互で行う実習もあり、早い段階から日々の診療に取り入れられるようなカリキュラムになっています。
 
 
 
私が学び始めた頃の脳歯科セミナーは神戸のみの開催でしたので毎月神戸通いをしていました。
 
 
 
昨年から東京コースができて、東日本の先生方も通いやすくなりました。
東京コースには関東近県だけでなく、北海道、東北、四国の先生もご参加いただいていて、脳歯科に関心を持たれる先生が全国にいらっしゃることを嬉しく思います。
 
 
 

おかげさまで、秋からの東京脳歯科コースは3期目開催も決まり、毎回定員を超えるお申込をいただいています。

全身と自ら行う歯科治療の関連を見出して、臨床をやりたいと思う先生がこんなにいらっしゃるのかと時代の流れを感じます。 
昨今ではオーラルフレイル、摂食嚥下などを見据えた治療の必要性も認識が広まっていますし、
削って詰める、被せるという口腔内で完結していた昔とは隔世の感があります。

身体に負担のない、最小限の侵襲で、全身を見据えた歯科治療ができる脳歯科が、ますます広まるように務めていく所存です。

 
 
 
もし慢性的な痛みや機能低下がある場合、その原因がお口の中にあるかもしれません。
脳歯科の治療を選択肢の1つとお考えでしたら、ぜひご相談下さい。
 
 
また一般歯科治療でも身体に最適な治療を受けたいと思われる方もご相談下さい。
 
 
脳歯科の初診は一般治療の場合とは異なり、2時間のご予約時間を時間をお取りします。
 
ご予約の際には必ず脳歯科希望の旨をお伝えいただきますようお願い申し上げます。
 
 
眞美デンタルオフィス

https://www.mamidentaloffice.jp/braindentistry/

詳しくはこちら


カテゴリー: 全身をととのえる歯科治療〜脳歯科ブログ,脳歯科とはどんな事をするの?

歯の詰めもの、被せ物は身体に影響すると思いますか?その2

2023年5月5日 (金)

こんにちは。
 
 

横浜市港北区の歯科医院 眞美デンタルオフィスです。

 
 

こちらのブログでは脳歯科や東洋医学などの話題を書いています。

当院では通常の歯科治療と共に、東洋医学や脳歯科などのホリスティックな治療を取り入れて、患者様に最適な治療を選択するようにしています。
 
 
 

ゴールデウィークはお天気に恵まれて、良かったですね。
皆様はどのようにお過ごしでしょうか?

私は1日だけ少し遠出をして趣味の1つ、神社巡りをして来ました。
その行程の中、30分ほどでしたが大きな岩をよじ登ったり、岩の狭い隙間を滑り降りたりという難所も超え、なかなかスリリングな参拝となりましたが、普段はできない貴重な時間を過ごしました。
 
 
 

さて今日は先日書いたお口の中の詰め物、被せ物の影響についての続きです。(過去記事はこちら。
https://www.mamidentaloffice.jp/blog/brain/859/)
 
 

今日は具体的に当院での治療経過についてお話しようと思います。
 

以前より当院で一般の歯科治療をされていた患者様です。
 
 
ある日通常の治療でおいでになったのですが、ここ3日ほどよく眠れないほど舌が痛いとのことでした。

まず舌を拝見しても特に炎症症状は見られません。
 
舌痛症を疑い原因の部位をOリングテストで特定して、上の歯の内側にわずかに調整を加えると、すぐに痛みが消えました。
 
 
これで私も患者様も安心していたら、それから数週間後にまた痛みが出てきたとのことで急患で来院されました。
 
今度は再度調整をしてみても痛みが完全には引きません。
 
 

更に調べてみると顎関節症の筋肉の痛みが併発しているようなので、頭と顔のツボに鍼治療を行ったところ、また痛みが瞬時に軽くなりました。
 
しかし他の重篤な疾患が隠れていないかを確認するため、大きな病院の口腔外科を受診いただき、やはり顎関節症の筋痛と舌痛症との診断で当方と一致しました。
 
 
その後最初の強い痛みを10とすると3ぐらいまで痛みは引いていましたが、ゼロにはなりません。
 
 
 
2月ほど経ってから、再度Oリングテストでお口の中を調べると、一本の上の奥歯の詰め物に反応が出ます。
 
 
Screenshot_20230505-011142~2
 
 
その金属は他にも何本か入っているのですが、そこだけが反応するのでその旨をおつたえしたところ、患者様は詰め物の取替を希望されました。
 
 
そこで患者様に合う材料をOリングテストで選び(この方の場合はゴールドでした。)
 
 
詰め物を外し新たに作った詰め物を装着たところ、
ようやく痛みは消失し、先日来院された時はゼロになったとのことでした。
 
 
 
いつも最初に書いている通り、当院では通常の歯科治療と共に、東洋医学や脳歯科などのホリスティックな治療を取り入れて、患者様に最適な治療を選択するようにしています。
 
 
今回は、レントゲンなどの検査、診断、脳歯科、鍼治療、そして通法に則った詰め物の治療と各方面からアプローチをして、辛いお痛みが治癒できました。
 
 
痛みの原因が舌と顎の2つあったことで少し治療を長引いたのかと思いますが、詰め物の取替を思いきって行ったことで完全に痛みを抑えることができました。
やはり詰め物の材質による影響は無視できないなと思った次第です。
 
 
 
これからも私が持っている引き出しから最適な方法を組み合わせて治療を行って行きたいと思います。

 
 
 
もし慢性的な痛みや機能低下がある場合、その原因がお口の中にあるかもしれません。
脳歯科の治療を選択肢の1つとお考えでしたら、ぜひご相談下さい。
 
 
また一般歯科治療でも身体に最適な治療を受けたいと思われる方もご相談下さい。
 
 
脳歯科の初診は一般治療の場合とは異なり、2時間のご予約時間を時間をお取りします。
 
ご予約の際には必ず脳歯科希望の旨をお伝えいただきますようお願い申し上げます。
 
 
眞美デンタルオフィス

https://www.mamidentaloffice.jp/braindentistry/

詳しくはこちら


カテゴリー: 全身をととのえる歯科治療〜脳歯科ブログ,脳歯科でできること,脳歯科とはどんな事をするの?

頭痛でお困りですか?〜脳歯科外来から

2023年3月2日 (木)

こんにちは。

横浜市港北区の歯科医院 眞美デンタルオフィスです。

 

こちらのブログでは脳歯科や東洋医学などの話題を書いています。

 

当院では通常の歯科治療と共に、東洋医学や脳歯科などのホリスティックな治療を取り入れて、患者様に最適な治療を選択するようにしています。

 

日々の脳歯科の診療の中から様々な治療例をお話していこうかと思います。

 

今日は頭痛に悩まれている50代女性の患者様のお話です。

 

この方は毎日頭痛がひどく、鎮痛剤なしではいられないとお困りでした。

この方は以前から通院されていますが、元々食いしばりが強い方なので、歯にも関係があるのではないかと脳歯科の治療を希望されました。

 

お痛みは起床時に最も強く、来院された日もにも鎮痛剤を飲んでいらっしゃいましたが、午後になってまた痛みが出てきた状態で診療が始まりました。

 

お話を伺うと、頭痛で医科の通院はされていないそうです。

頭痛は様々な全身的な病気のサインかもしれないので、今回の治療で改善が見られなかったら医科の受診をしていただくようお願いして、今回の治療をすることとしました。

 

特にお痛みの箇所は右のこめかみ。

今座っていても、ズキズキと痛みを感じるそうです。

お口が開きにくいということはありません。

肩こりはあまりなく、首の付根は痛い。

ギックリ腰は3回ほど経験しているとのこと。

たまに耳鳴りがします。

手足が冷える。

膝や足に痛みはないとのことでした。

 

側面や前後から体を押してふらつきがあるか診査をしてみると、左から力を加えた時に大きくふらつきます。

(写真はふらつきの検査のイメージです。患者様ではありません。)

F43247BB-530C-4694-8BC6-6C51241ACA12

肩の柔軟性の診査では左肩が硬く、腕を挙げるときにスムーズにはうごきませんでした。

 

お口の中に関連があるかを調べると、下の前歯に原因がありそう。

 

ここでいきなり削ることはせず、切削器具をお口のそばに持っていき、回転させて風や音による振動をあたえると肩が軽く上がり、症状が改善しました。

 

ここではまだ実際の調整はしません。

 

次に股関節の柔軟性の診査です。

ベッドに仰向けに寝ていただき、左右の足を上に持ち上げると右側に痛みがありました。

 

そこでOリングで骨盤と仙骨の調整方向を決めてから、軽く私の手で腰を動かしますと、足の上がりが格段に良くなり、患者様も驚かれて笑いが出てしまうくらいに変化が起こりました。

 

ベッドから立っていただき

再びふらつきがあるかの診査を行うと、どの方向から体を押してもふらつきはなくなっていました。

 

ここまでが全身の調整です。

 

脳歯科では全身の調整後に

口の中に対象を移すという順番で治療が進みます。

 

こうすることによって、口の中の調整を最小限に抑えることができます。

 

次に歯科用治療台に座っていただき、最後の調整です。

首の付根が痛いとのことでしたので、首を動かしていただくと、顔を右に向けた時に運動制限がありました。

 

Oリングで歯を特定し、右上の小臼歯と、左下の前歯それぞれ一本ずつ、軽く調整を行いました。

 

起き上がっていただくと、首の動きも格段に良くなり、また肩の柔軟性の診査でも軽く腕が上がるようになりました。

 

ご本人もとても驚き、すごいすごい!と喜んでいただいたのですが、

 

「そういえば、肝腎の頭痛は?」

virus_zutsuu2

と伺うと、

「あれっ?!全然痛くない!!」

 

とのことで「すっかり忘れる程になっていたんですね」と大笑いでした。

 

この治療後一年以上経ちますが再発はなく、快適に過ごされているとのこと。

おそらく口の中の粘膜への刺激が、顔や頭の筋肉を緊張させていたのだと思います。

頭痛はとても鬱陶しいものですので開放されて格段にお顔も明るかったです。

お役に立てて良かったです😊

 

身体の不調、もしかしたらお口の中に原因があるかもしれない。

気になる方はご相談下さい。

 

脳歯科の初診は一般治療の場合とは異なり、2時間のご予約時間を時間をお取りします。

ご予約の際には必ず脳歯科希望の旨をお伝えいただきますようお願い申し上げます。

脳歯科の診療は健康保険外の自由診療となります。

 

眞美デンタルオフィス

https://www.mamidentaloffice.jp/braindentistry/

詳しくはこちら


カテゴリー: 全身をととのえる歯科治療〜脳歯科ブログ,脳歯科でできること,脳歯科とはどんな事をするの?

眞美デンタルオフィス

神奈川県横浜市港北区日吉本町1丁目19-16
石川ビル1F 日吉駅西口中央通り徒歩1分

TEL045-563-4418

診療時間9:30〜18:00(土曜日〜14:30)

診療時間
午前 9:30~12:30 × ×
午後 14:00~18:00 × × ×

土曜日は9:30〜14:30(昼休みなし)
  休診日 木・日・祝祭日

Copyright © Mami dental office ,All Rights Reserved.

初めての方はお読みください

ご予約はお電話にて承っております 045-563-4418