Dr.マミの歯のブログ

脳歯科外来から〜スポーツ用マウスピースの初回調整

2024年3月21日 (木)

こんにちは。
 
 

横浜市港北区の歯科医院 眞美デンタルオフィスです。

 
 

こちらのブログでは脳歯科や東洋医学などの話題を書いています。
 
 
 
 
当院では通常の歯科治療と共に、東洋医学や脳歯科などのホリスティックな治療を取り入れて、患者様に最適な治療を選択するようにしています。
 
 
 
 

今回は以前にお話したスポーツ用マウスピースを実際に外来で製作、装着した時のお話です。
 
 
そのブログ中https://www.mamidentaloffice.jp/blog/brain/1492/にも書きましたが、選手によってはパフォーマンスの向上を期待してマウスピースの製作と調整を希望される方もおいでになります。
 
 
 
 
これはスポーツ用マウスピース本来の目的ではありませんが、口の中の刺激や顎の位置によって身体的パフォーマンスが上がることがあることも報告されています。
今回も脳歯科の観点かパフォーマンスの向上を目指した調整を行いました。
 
 
 
 
・お口の中でマウスピースを入れることにより、その厚みの分だけ噛み合わせの高さは変化します。せっかく作ってもその変化が身体のパフォーマンスを下げてしまわないか?をシリコンの板を用いて検査します。
この厚みは、0,5mm程変化すると全く違う影響があります。
厚みを変えながら1番良い厚さを探ることもあります。
 
 
・前回も書きましたが、実は色もパフォーマンスに影響を及ぼします。
競技規定で色が指定しない場合は、最適なカラーを選択します。
 
 
色彩が身体や心の健康に与える影響を利用するためです。
 
 

色は様々な光の反射が目によって捉えられ、それぞれの色と認知されるのはご存知の通りです。
 
 
色からは光の波動が出ているので、そこで何かしらの変化を身体に与えると考え、色の選択も重要なポイントと思います。
 
 
IMG_1032
 
 
・装着時は身体のバランスの診査、関節の柔軟性の変化など通常の脳歯科の検査、握力の変化、筋力の変化、加えて例えば片足を上げる、片足を踏み出すなど競技特有の重要な動きをした時の安定性なども診ます。
 
 
Oリングテストでそれぞれの動きを妨げている箇所を特定して、切削などの調整を行います。
 
 
これで実際に使っていただいて、また微調整を行います。
 
 
 
 
本当はフィールドや体育館に行き、その場で動いてもらって調整できると1番良いと思います。
 
 
 
 
この度の競技はキックボクシングでしたので、初回は片足を引き上げる時の体軸の安定性を中心に調整しました。
 
 
マウスピースの側面の膨らみの僅かな調整でもご本人が驚くほど、身体の安定性は変化しました。
 
 
途中、逆にぐらつくこともありましたが、更に調整を進めてあらゆる角度で安定を得るようにしました。
 
 
大体ここまでで、1時間でしたので1回目の調整は終了としました。
 
 
他にも相手の攻撃を避けるフットワーク、しゃがむなどの動きについて、腕の力などは実際に使っていただいて、また重ねて調整をしていきますが、良い結果となるよう私も一緒にFightしていきます。
 
 
 
※治療結果は全ての方に共通するものではありません。
治療経過、結果については個人差があります。

 

もし慢性的な痛みや機能低下がある場合、その原因がお口の中にあるかもしれません。
 

 
脳歯科の治療を選択肢の1つとお考えでしたら、ぜひご相談下さい。
 

 
また一般歯科治療でも身体に最適な治療を受けたいと思われる方もご相談下さい。
 

 

脳歯科の初診は一般の歯科治療の場合とは異なり、2時間のご予約時間をお取りします。

 

このためご予約の際には必ず脳歯科希望の旨をお伝えいただき、時間を確保させていただけますようお願い申し上げます。

 

 

眞美デンタルオフィス

 
 

https://www.mamidentaloffice.jp/braindentistry/

詳しくはこちら


カテゴリー: 全身をととのえる歯科治療〜脳歯科ブログ,脳歯科でできること,脳歯科とはどんな事をするの?

脳歯科の診査〜四方八方

2024年3月7日 (木)

こんにちは。
 
 

横浜市港北区の歯科医院 眞美デンタルオフィスです。

 
 

こちらのブログでは脳歯科や東洋医学などの話題を書いています。
 
 
 
 
当院では通常の歯科治療と共に、東洋医学や脳歯科などのホリスティックな治療を取り入れて、患者様に最適な治療を選択するようにしています。
 
 
 
 
今日は脳歯科の治療の時にほぼ必ず行う「四方八方」と呼ばれる検査についてお話をします。
 
 
すでに脳歯科の治療を受けたことのある方は、「あー、あれね」と思われると思います。
 
 
患者様に足を肩幅ぐらいに開いてまっすぐ立っていただき、術者(私)が腰のあたりを右、左、正面、後から軽く押すという検査です。
 
 
4方向が基本ですが場合によっては斜め方向からも力を加えることもあるので、合計8方向で行うこともあります。
 
 
更に加えて口を開けていただいたり、食いしばっていただいたり、頭を上に向けて天井を見る、下に向けて床を見るという状態で行うこともあります。
 
 
IMG_2724
 
 
これを行うと、多くの方は特定の方向では全く態勢を維持することができずに、簡単によろけてしまいます。
 
 
IMG_2723
 
 

これは何を意味しているのでしょうか?
 
 
押された反対側の筋力が不足しているということも考えられますが、私達が見ているのは押される力に瞬時に対抗して重心を移動させるという脳の反射が適切に働いていないのでは?ということです。
 
 
 
 
本来、ある方向から力が加わっても人間はそこで瞬時に重心の移動をしてよろけないように耐えることができます。
 
 
ところが脳の反射が何らかの原因で発動しにくくなっているために、よろけてしまうと考えます。

脳幹の中脳では体の動的バランスを調節し、足元がつまづいた時に
も反射的に立ち直ろうと体が敏捷に反応してくれます。
この働きがうまく行っているか否かをこの四方八方テストで見ています。

 
 
更にそれが口の中に反射を阻害する要因があるのかを特定するため、頬や唇などに軽く圧を加えて押してみます。
 
 
するとますます力が入らず、更に簡単によろけてしまうことがあります。
 
 
これはOリングテストと同じ原理で、人間は身体にとって不快な刺激が、加わると筋力が低下してしまうことを利用した診査です。
 
 
 
 
また、脳歯科には「場の調整」という概念があります。
物理的な身体そのもの
だけではなく、その人の周囲にある目には見えないものの乱れも不調につながっているという考え方です。
 
 
東洋医学で言うところの「気」やチャクラ、西洋的に言うとオーラなどもこれに含まれます。
 
 
こちらも整えるために、色や調整した海洋深層水などを使うことで、このふらつきがなくなり安定することもあります。
 
 
目に見えるものだけで私達は動いているのではないと実感する瞬間です。
 
 
やる気、元気、陽気、気合い、邪気など普段でも使う言葉の中にも沢山含まれています。
 
 
そしてこれらがあることで良く動けたり、反対に欠乏したら気持ちが沈んで活発さが失われたりと身体の動きまで左右しているのは何となく感じていらっしゃるのではないでしょうか?
 
 
 
 
横道に逸れてしましたが、検査については
続けて肩の柔軟性(可動域の検査)、整体ベッド上で足の挙上や股関節の屈曲などを調べて行きます。
 
 
これによって更に口の中の不快な部分をOリングテストで特定し、歯や粘膜の調整を行います。
 
 
 
 
再び立っていただいて、あらゆる方向から力を加えてもふらつかず、揺るぎ無く立っていられる状態になっていただければ、全身の調整は終了です。
 
 
「ちゃんと立てている感じがする。」
「足の裏全体で床に接している気がする」
という感想をおっしゃる方が多いです。
 
 
 
 
このように全身を整えることで、最終的なピンポイントの原因に集中することができますので、ここからは不調部位に合わせた細かい調整をお口の中や頬粘膜などに行っていきます。
 
 
 
 
ドアの建付けが悪い時に、ドア枠やドアの縁を削って直したとしても、家自体が歪んでいたら、またドアは閉まりにくくなります。
 
 
これと同じで全体から細部へと治療を進めることで根本的な解決を図ることが脳歯科治療の基本です。
 
 
 
※治療結果は全ての方に共通するものではありません。
治療経過、結果については個人差があります。

 

もし慢性的な痛みや機能低下がある場合、その原因がお口の中にあるかもしれません。
 

 
脳歯科の治療を選択肢の1つとお考えでしたら、ぜひご相談下さい。
 

 
また一般歯科治療でも身体に最適な治療を受けたいと思われる方もご相談下さい。
 

 

脳歯科の初診は一般の歯科治療の場合とは異なり、2時間のご予約時間をお取りします。

 

このためご予約の際には必ず脳歯科希望の旨をお伝えいただき、時間を確保させていただけますようお願い申し上げます。

 

 

眞美デンタルオフィス

 
 

https://www.mamidentaloffice.jp/braindentistry/

詳しくはこちら


カテゴリー: 全身をととのえる歯科治療〜脳歯科ブログ,脳歯科の診査

脳歯科外来から〜スポーツ用マウスピースを作る

2024年2月29日 (木)

こんにちは。
 
 

横浜市港北区の歯科医院 眞美デンタルオフィスです。

 
 

こちらのブログでは脳歯科や東洋医学などの話題を書いています。
 
 
 
 
当院では通常の歯科治療と共に、東洋医学や脳歯科などのホリスティックな治療を取り入れて、患者様に最適な治療を選択するようにしています。
 
 
 
 

今日はスポーツマウスピースのお話です。
 
 

スポーツマウスピースは、スポーツ時に口を保護するための装具で、怪我や衝撃から歯や口内を守る役割があります。
 
 

またそれだけではなく、脳震盪のリスクを軽減するのに役立つことがあります。
 
 

適切にフィットさせることで、衝撃を吸収し、脳に与えるダメージを減らすことができます。(脳震盪を完全に防ぐわけではありませんので、安全対策としては重要ですが、その他の予防策も必要です。)
 
 
 
 

スポーツ用マウスピースの着用が義務づけられているスポーツには、アメリカンフットボール、ラグビー、ボクシング、アイスホッケーなどがあります。
ボクシング選手も1ラウンド終わるごとに口から出している風景を見ます。
義務ではありませんが、野球選手も着用していますね。
 
 

これらのスポーツでは、激しい接触や衝突が頻繁に発生するため、口や歯の保護が特に重要視されています。
 
 

競技の種類や所属リーグなどでマウスピースの色まで指定されている場合もあります。
 
 
 
 

2408700_s
 
 

こんなにカラフルなマウスピースもあります。

 
 
 
 

特に前歯は奥歯と異なり、頬のガードがなく、競技中口をしっかり閉じることがすくないために損傷が起きやすく、私も以前に非常勤で勤めていた企業の診療所で実業団のラグビー選手の前歯の損傷をいくつも経験しました。
 
 
 
 

当時はマウスピースの着用が一般的ではなかったので治してもまた同じ歯が折れるなど、苦慮した記憶があります。
 
 

差し歯をしっかり着けると、歯根の破折を招いてしまいましたので、結局現役引退まではあえてすぐに取れやすい仮歯にして、根の損傷を防いでいました。
 
 

sports_rugby
 
 
 
 

最初に書いたように、
スポーツ用マウスピースは本来はマウスガードと呼ばれ、外力からの保護を目的としています。
 
 

何度も前歯が飛んでしまった選手の事を思い出す度にコンタクトスポーツをされる方は、ぜひ装着してプレイしていただきたいと強く思います。
 
 
 
 

また選手によってはパフォーマンスの向上を期待してマウスピースの制作を希望される方もいらっしゃいます。
本来の目的ではありませんが、このブログで度々書いていたように、口の中の刺激や顎の位置によって身体的パフォーマンスが上がったり下がったりすることがあるのも事実です。
 
 
またマウスピースは口の中では異物であるので、口の中で望ましくない刺激となることもあります。これは避けたいことです。

当院にもそのような最適な状態となるマウスピースを作りたいと希望を持って脳歯科外来でマウスピース製作を希望される方もいらっしゃいます。
 
 

マウスピースには厚みがあり、厚すぎるマウスピースを使うと噛み合わせの高さが合わず帰って力を奪ってしまうこともあります。
そこで保護の機能は失わない程度の厚みで、最適な厚みを探していきます。
 
 

まず、歯科の型取り用のシリコンを色々な厚みにして噛んでいただき、そこで握力や安定性が変わるのかを調べて行きます。
 
 

当院には握力計もあるのでボールやラケット、スティックなどを握る力の変化、片足で身体を支える時のの安定性、両足で踏みしめた時の安定性等々、脳歯科診療で使うと検査とOリングテストで作製条件を決めていきます。
 
 
 
 

スポーツによって、また競技カテゴリーによっては色の規定がないような時は、マウスピースの色も最適なものを選ぶこともあります。
 
 

色の療法でカラーセラピーというものがあります。
これは色彩が身体や心の健康に与える影響を利用した療法の一種です。異なる色が異なる効果を持つと考えられています。
 
 

カラーセラピーは、色を用いてストレスや不安の軽減、心身のバランスの回復を目指すものです。
 
 

企業などでもオフィスに取り入れて、生産性を高めたり逆に休憩時によりリラックス効果を期待して壁紙などを選ぶことがあるそうです。
 
 

色そのものは光の反射によって決まってきます。
光のない暗闇の中では色はわかりませんよね。
 
 

色からは光の波動が出ているので、そこで何かしらの変化を身体に与えるのです。
 
 

随分前になりますが、スポーツマウスピースを作った時に、相手を威嚇したいから黒にしたいとおっしゃってお作りした患者様もいらっしゃいました。
 
 

現在は脳歯科外来にいらしている方のキックボクシングのためのマウスピースを制作中です。
装着時には身体パフォーマンスの低下などが引き起こされないように脳歯科の検査を十分に行い微調整をしてからお使いいただくようにする予定です。
 
 
 
 

コンタクトスポーツをする方にはぜひしっかり型取りをして、適合の良いご自身に合ったマウスピースを使って怪我の予防と身体の動きを邪魔しない状態でプレイしていただきたいと思います。

詳しくはこちら


カテゴリー: 全身をととのえる歯科治療〜脳歯科ブログ,脳歯科でできること

意識と無意識〜ハンガー反射

2024年2月22日 (木)

こんにちは。
 
 

横浜市港北区の歯科医院 眞美デンタルオフィスです。

 
 

こちらのブログでは脳歯科や東洋医学などの話題を書いています。
 
 
 
 
当院では通常の歯科治療と共に、東洋医学や脳歯科などのホリスティックな治療を取り入れて、患者様に最適な治療を選択するようにしています。
 
 
 
 

少し前から、イップスという症状に興味を持ち、いろいろ調べていくうちにジストニアについてもいくつかの資料を読んでいました。
すると斜頸の治療の資料こらハンガー反射という資料に当たりました。
 
 
 
聞いたことがあるかもしれません。
ハンガー反射は、針金のハンガーを頭にかぶり、前側頭部を圧迫すると頭が自然と圧迫側に回ってしまう現象です。
 
 
 
ハンガー装着
 
 
 

YouTubeでは実際にこの反射が起こっている様子を見ることができます。
https://youtu.be/RtmAf0rpmcY?si=9mAdGg7oWZkvFbTs
 
 
 
1995年にTVのバラエティ番組で不思議面白現象として紹介され、これを見た電気通信大学の梶本教授は研究を進め、この反射を応用して頸部ジストニアの治療用に
電気通信大学が中心となり、
• 吉田義肢装具研究所
• 富山大学附属病院
• 順天堂大学医学部付属順天堂病院
• 順天堂大学医学部付属浦安病院
• 山口大学医学部附属病院
• 東京女子医科大学附属病院
と共に開発、治験を行い治療用器具を完成させました。
 
 
 
装具
 
 
 
ハンガーの針金や装具で額の一部を圧迫するだけなのに、なぜこのように御本人の意思に反して勝手に首が回ってしまうのでしょう?
 
 
外部からは全く体を動かすような力は働いていません。
そしてハンガーを外すとまた首は元通りまっすぐになります。
 
 
 
ハンガー反射現象の痙性斜頸患者への医療応用
Application of Hanger Reflex to Cervical Dystonia
JSTさきがけ 「情報環境と人」研究領域,電気通信大学 梶本裕之

という資料の中で
ハンガー反射のメカニズム(仮説の一つ)
1. 皮膚圧迫を外力として誤認
2. 首姿勢を安定化する働きが無意識に生じる(反射的運動)
3. 自分の運動を認識,外力が与えられていると理解(誤解)
一つの錯覚現象の中で,無意識的錯誤と,
意識的錯誤が組み合わさっているのでは?とて述べていらっしゃいます。
 
 
 
この皮膚圧迫を外力として誤認して、無意識にそれに対抗するような反射的運動が起こって結局実際に体が動いてしまう。
 
 
 
この事は、脳歯科治療で頬の内側と歯の側面の接触や、舌の側面と歯の内側の側面の接触をOリングテストで限定して取り除き、身体の状態を改善することと通じるものがあるように思います。
 
 
 
身体は意識と無意識両方で動いています。
 
 
ハンガー反射のような現象は無意識下の現象が大きく関わっているので、このような事が起こると皆が全く思いもしないし、考えたこともない面白現象、不思議現象として、バラエティ番組で取り上げられたのでしょう。
 
 
 
脳歯科の治療でも、瞬時に思いも寄らない変化が起こることがありますが、それは不思議ではなく、意識では今まで起こり得ないと思っていた無意識な身体の動きのメカニズムが変わったことです。
 
 
 
今回のハンガー反射についても結果的に治療用器具が開発され、困っていた症状が改善されたり治癒に向かったことはとても画期的なことです。
 
 
 
人の身体の中の無意識領域には、頭で考えている難題解決について多くの可能性が隠れているだろうと思います。
 
 
 
写真は全て
ハンガー反射現象の痙性斜頸患者への医療応用
Application of Hanger Reflex to Cervical Dystonia
JSTさきがけ 「情報環境と人」研究領域,電気通信大学 梶本裕之
より引用しました。
 
 
 
※治療結果は全ての方に共通するものではありません。
治療経過、結果については個人差があります。

 

もし慢性的な痛みや機能低下がある場合、その原因がお口の中にあるかもしれません。
 

 
脳歯科の治療を選択肢の1つとお考えでしたら、ぜひご相談下さい。
 

 
また一般歯科治療でも身体に最適な治療を受けたいと思われる方もご相談下さい。
 

 

脳歯科の初診は一般の歯科治療の場合とは異なり、2時間のご予約時間をお取りします。

 

このためご予約の際には必ず脳歯科希望の旨をお伝えいただき、時間を確保させていただけますようお願い申し上げます。

 

 

眞美デンタルオフィス

 
 

https://www.mamidentaloffice.jp/braindentistry/

詳しくはこちら


カテゴリー: トピックス,全身をととのえる歯科治療〜脳歯科ブログ

脳歯科外来から〜急に膝の屈伸がしにくくなった

2024年2月15日 (木)

こんにちは。
 
 

横浜市港北区の歯科医院 眞美デンタルオフィスです。

 
 

こちらのブログでは脳歯科や東洋医学などの話題を書いています。
 
 
 
 
当院では通常の歯科治療と共に、東洋医学や脳歯科などのホリスティックな治療を取り入れて、患者様に最適な治療を選択するようにしています。
 
 
 
 

今日は膝の柔軟性のお話です。
 
 
 
 

先日いらした患者様は、下の歯の詰め物がわずかに欠けたら欠けたら、特に怪我や無理な運動をしていないのに急にしゃがむのがやりにくくなったということでした。
痛みもありません。
ただ強張っているようでした。
 
 
 
 
歯が欠けたこととの関係性を疑い、脳歯科の検査をしてみると、股関節、膝の動きが悪く脚が上がりにくい、膝が曲がりにくくなっていました。
 
 
 
 
しかし、結果的にOリングテストではわずかに欠けた詰め物と、股関節、膝の運動制限との間には直接的な関連は認めらませんでした、
欠けは詰めたときの余剰部分が残っていたものが剥がれた程度と推測され、本当にごく僅かでしたので改めて詰め直すことはしませんでした。
 
 
 
 
更に調べていくと、上の歯と歯の間に軽度〜中程度の虫歯があり、そこにOリングテストで反応が出たので、虫歯の治療を行い、詰め物をしたところ、股関節と膝の柔軟性が改善し屈伸も楽にできるようになりました。
 
 
 
膝の曲がる角度、つま先とベッド面との距離に変化が見られます。
IMG_2641IMG_2643

 
 
 
と書くと「歯の治療で膝が曲がるようになる?意味がわからない」と思われるでしょう。
 
 

私も書いていて、いきなり聞いたら唐突だなぁと思います。
 
 
 
 
下の歯の詰め物の余剰部分が飛んで欠けた事により、口腔内に何らかの変化が起きたのは事実てす。
 
 

その結果として、2次的に以前からあった軽度〜中程度の虫歯がある上の歯に刺激が生じ、右の膝と股関節の可動域を狭めたと考えています。
 
 
しかも噛み合わせの当たりではなく、虫歯の範囲にOリングの反応が出たので、噛み合わせの調整ではなく虫歯治療をするということになりました。
 
 
緊急に治療をする程の神経に近いような虫歯ではありませんでしたが、変色もありエナメル質の欠損もありましたので治療は妥当と判断しました。
 
 
お口の中の本来あるべきでない炎症、着色や沈着物、虫歯、歯の段差など調和を乱すものが発する波動(信号)が脳の誤作動を引き起こす事は以前にも書いた通りです。
 
 
 
 
歯の並びは歯列と言って一連の塊とも考えられます。
一本の歯の変化は、必ず多かれ少なかれ全体に影響を与えることになるのです。
 
 
 
 
右側の歯が噛めなくなると、今までおとなしくしていた左側の歯の慢性の炎症が急性化する、1つの詰め物が外れると立て続けに他の歯の詰め物も外れる。
ということは歯科医なら皆さん経験があると思います。
 
 
多くの場合、このようなお口の中の1つの不調の連鎖は他の歯の痛みや詰め物の脱離や欠けなどのお口の中の他の部位の不調で留まります。
 
 
しかし、今回のように体の離れた部位に不調を起こすことがあり、頭痛や首の痛みのように比較的口に近い部分から腰や膝など広範囲に可能性があります。
 
 
 
 
膝を曲げる筋肉は、大腿四頭筋、ハムストリングス(大腿二頭筋、半膜様筋、半腱様筋)
ですが、この筋肉の多くは骨盤についています。
 
 
今回も膝の屈曲だけでなく、脚のの挙上も改善されていたので、何らかの原因で急に緊張してしまったこれらの筋肉の筋膜の緊張が取れたと考えられます。
 
 
歯科的には今回の詰め物の僅かなバリの破折も、虫歯も重篤な状態ではありませんでしたがこの影響は体に大きく作用しました。
体はとても精密なもので、小さな変化が意外な変化をもたらします。
しかし、多くの場合はやはり体がその変化をうまく包み込んでくれて日常生活を変わらず送れているのだなぁと思います。
自分の体の素晴らしいメカニズムに感謝しなくてはと気付かされました。
 
 
 
※治療結果は全ての方に共通するものではありません。
治療経過、結果については個人差があります。

 

もし慢性的な痛みや機能低下がある場合、その原因がお口の中にあるかもしれません。
 

 
脳歯科の治療を選択肢の1つとお考えでしたら、ぜひご相談下さい。
 

 
また一般歯科治療でも身体に最適な治療を受けたいと思われる方もご相談下さい。
 

 

脳歯科の初診は一般の歯科治療の場合とは異なり、2時間のご予約時間をお取りします。

 

このためご予約の際には必ず脳歯科希望の旨をお伝えいただき、時間を確保させていただけますようお願い申し上げます。

 

 

眞美デンタルオフィス

 
 

https://www.mamidentaloffice.jp/braindentistry/

詳しくはこちら


カテゴリー: 全身をととのえる歯科治療〜脳歯科ブログ,脳歯科でできること,脳歯科とはどんな事をするの?

眞美デンタルオフィス

神奈川県横浜市港北区日吉本町1丁目19-16
石川ビル1F 日吉駅西口中央通り徒歩1分

TEL045-563-4418

診療時間9:30〜18:00(土曜日〜14:30)

診療時間
午前 9:30~12:30 × ×
午後 14:00~18:00 × × ×

土曜日は9:30〜14:30(昼休みなし)
  休診日 木・日・祝祭日

Copyright © Mami dental office ,All Rights Reserved.

初めての方はお読みください

ご予約はお電話にて承っております 045-563-4418