Dr.マミの歯のブログ

平成30年度診療報酬改定

2018年3月27日 (火)

横浜市港北区日吉本町 日吉駅近くの歯医者・歯科 眞美デンタルオフィスです。

一昨日の日曜日に平成30年度診療報酬改定の講習会に行って来ました。

会場近くの桜はほぼ満開で、いよいよ新年度の到来を感じました。

_20180327_105938

2年毎に保険点数や保険に該当する処置の見直しを厚生労働省が行い、その年の4月1日より施行になります。

内容によってはガラリと変わるものもあり、何も知らずに4月1日を迎えると混乱してしまうので、歯科医師会や保険医協会という団体をはじめ様々な主催で3月末から講習会が行われます。

この改定を見ると、国がどこに力を入れた施策を行おうとしているのかが見て取れます。

今回はかなり大幅な変更があり、特徴的な点は

・感染対策(滅菌、消毒など)

・在宅の高齢者への訪問診療

・予防医療の推進

・歯周病治療や口腔機能を通した全身の健康を維持する

といったところに重点的に予算を割かれていました。

口腔の健康が全体の医療費を抑制するという調査報告もあり、国もその認識で進んでいるのでしょう。

歯科が国民全体の健康に寄与できることが今まで以上に形として現れてきたのは嬉しい限りです。

※4月1日より保険改定に伴い窓口でのお支払金額が変わることがありますのでご留意ください。

詳しくはこちら


カテゴリー: スタッフブログ

治療中の仮の蓋

2018年3月24日 (土)

横浜市港北区日吉本町 日吉駅近くの歯医者・歯科 眞美デンタルオフィスです。

この週末は桜も見頃になりますね。数日前には雪が降ったのに、何とも気まぐれな春のお天気です。

今日は治療中に付ける仮の蓋のお話です。

 

この仮の物(私たちは仮封、テンポラリーと呼んでいます。)は次の受診までに外れてしまって困った☹️という経験がある方もいらっしゃると思います。

これはなかなか難しい問題で、あまりにもきちっと付けると外すときに過大な力をかけなくてはいけなくて、歯に負担がかかります。

 

 

かと言って接着力が弱く過ぎるとすぐ外れてしまってご不自由をかけてしまう‥特に次の治療まで間が空く場合はこの塩梅が難しいなと悩むこともあります。

 

 

仮の蓋は小さな詰め物の型どりの後や根の治療中にするものですが、当院では白い石膏系のセメントまたは粉と液で反応して固まる樹脂を使います。

 

 

仮の蓋の目的は

・治療で露出している象牙質という歯の内部の部分の保護。

神経がある場合は水や空気などの刺激に触れて痛まないように、そして象牙質を通しての細菌感染から歯を守ります。

根の治療中はせっかく綺麗にした根の中に細菌感染が起こらないように保護します。

 

 

 

・歯の移動防止

被せものをする歯を削る時は被せものを入れるスペースを確保しなくてはいけないので隣の歯や噛み合う歯の間に隙間が空いています。

ここに何もないと周囲の歯が動いてきて被せものを入れるスペースが不足してしまう恐れがあるのでその防止のために仮の蓋で隙間を確保しているのです。

 

 

 

・歯肉の増殖を抑える

歯肉はとても強い組織で、隙間があると簡単に増殖して、歯の縁に被ってしまいます。

いざ詰め物や被せものを入れようとした時に、歯肉が邪魔をして歯と歯科材料が密着しなくなるとすぐに外れたり、二次的な虫歯が起こってしまうのでその防止です。

 

 

 

仮のものが取れても痛くない、そんなに不自由ではない、という場合でも実は静かに変化が起こっているかもしれません。

ご面倒とは思いますが、ぜひご連絡をいただければと思います🙇

 

詳しくはこちら


カテゴリー: スタッフブログ

本日の診療につきまして

2018年3月19日 (月)

横浜市港北区日吉本町 日吉駅近くの歯医者・歯科 眞美デンタルオフィスです。

本日は院長不在です。

副院長と衛生士の予約診療は通常通り行っています。

ご迷惑をおかけしますが宜しくお願い申し上げます。

詳しくはこちら


カテゴリー: お知らせ

歯が割れた場合の治療2

2018年3月16日 (金)

横浜市港北区日吉本町 日吉駅近くの歯医者・歯科 眞美デンタルオフィスです。

前回は歯が割れた時の処置について書きました。

本日は通常は抜歯と判断されるような深い破折に対して当院で行っている処置についてご説明したいと思います。

1.横割れ、斜めに割れている歯について

・歯を支える骨(歯槽骨)の高さより下で割れている歯

歯槽骨から歯の割れ目がかなり近い場合は、割れている小片を除去してから矯正力を発揮するゴムで引き上げて、歯の縁が骨より高い位置になるようにしてから、被せものの処置をします。

・歯槽骨の縁から歯の割れ目が遠い場合は、一度歯を脱臼させて歯槽骨から外して適正な位置に固定します。

完全に抜歯をしてから適正な位置に固定することもあります。

いずれもこの場合はあらかじめ、歯の中を樹脂で固めたり、骨の再生を促進する材料を使用することが多いです。

2.縦に完全に二つに割れている歯について

一度口腔外に割れた小片を取り出して、薬剤処理や樹脂で固めて形を復元します。

その後、骨の再生を促進する材料を根の表面に塗布もしてから口腔内に戻します。

この時に歯の向きを変えて戻して骨が再生しやすくする場合もあります。

この処置を永久的な保存処置とすることは難しいと思われますが、当院でこの処置を開始して5年経過中ですが、ほとんどの歯は口腔内で機能しています。

数症例で最初とは異なった方向に破折し、二次的に再治療をしましたが、一回目に接着した部分は剥離などの損傷は認められませんでした。

歯の延命処置としては有効な方法だと思われます。

※この治療は手技、材料が健康保険適応範囲外の処置です。詳細につきましてはご来院いただき検査を行った上でご説明をいたします。

 

詳しくはこちら


カテゴリー: スタッフブログ

歯が割れた後の処置

2018年3月11日 (日)

横浜市港北区日吉本町 日吉駅近くの歯医者・歯科 眞美デンタルオフィスです。

過去2回、歯が割れることについて記事を書いてきました。

今回は歯が割れてしまったらどうするのか?という事について書いていこうと思います。

まず歯が割れるということは

1.

・根の中まで割れた。

・歯の上の部分(歯冠)だけが割れた。

2.

・縦に割れた。

・横に割れた。

3.

・完全に真っ二つになっている。

・割れてはいるがヒビのみで分離はしていない。

という状態で治療は違ってきます。

1.2.3 共に上の状態の方が重症と診断され、歯を残すことが難しい場合が多いです。

1.根の中、特に骨の中まで破折が及んでいる場合は原則抜歯となります。

上の部分のみが割れているのであれば割れた部分を除去して、被せもので補い保存することができる可能性は高いです。

2.縦に割れている時は大抵ヒビが根の中まで及んでいることが多いので、深いところまでマイクロスコープやCTで慎重に観察をして保存の可否を決めます。

歯の上の部分が横割れしているときは神経との距離があればそのまま詰めたり被せものをします。

神経に割れ目がかかっている場合は神経に対しての処置をしてから被せものをします。

しかし根が骨の中で横割れしている場合はとても残すのが難しいですが、転倒などの外力で瞬間的に割れて、尚且つ年齢が若い場合は噛み合わせの力をコントロールしながら経過を診ていくこともあります。

3.根の先まで真っ二つに割れた場合は抜歯となる可能性が高いです。

ヒビであれば浅い場合は接着力のある樹脂で塞いだり、神経の治療をして冠で周りを覆って固定します。

大まかに書きましたが、同じ竪の割れ目でも少し歯に対して角度がついた割れ方をしている場合、また割れて二つに分離していた期間がどれぐらいか?

によっても予後は左右されます。

ここで抜歯ですと書いた場合も、患者さんとご相談の上、接着力のある樹脂やMTAという薬剤、もしくは引き上げる矯正力を使って歯の保存をする方法を選択することもあります。

その方法についてはまた次回にでもお伝えしたいと思います。

詳しくはこちら


カテゴリー: スタッフブログ

眞美デンタルオフィス

神奈川県横浜市港北区日吉本町1丁目19-16
石川ビル1F 日吉駅西口中央通り徒歩1分

TEL045-563-4418

診療時間9:30〜18:30(土曜日〜14:30)

オンライン初診予約

診療時間
午前 9:30~12:30 × ×
午後 14:00~18:30 × × ×

水曜日は〜18:00までの診療
土曜日は9:30〜14:30(昼休みなし)
  休診日 木・日・祝祭日

Copyright © Mami dental office ,All Rights Reserved.

初めての方はお読みください