Dr.マミの歯のブログ

歯が割れるのは防げるのか?

2018年3月9日 (金)

横浜市港北区日吉本町 日吉駅近くの歯医者・歯科 眞美デンタルオフィスです。

歯が割れるのは防げるか?というのはとても難しい問題です。

虫歯や歯周病は感染症なので、細菌のコントロールをすることで防ぐことができます。

歯が割れるということは、力のコントロールをすることで防ぐことができます。

と、並べて書くと同じぐらいの確率で予防ができそうですが、力のコントロールというのは複雑な動きをする顎の働きに大きく関わってきます。どんな方向からどれくらいの力が加わるのか?全ての場面を予測するのは不可能です。

またどんな硬さのものを噛むのか?歯の厚みはどうか?等々で歯に加わる力の影響は全く違います。

そして起きている時に噛むのと寝ている間の噛みしめとでは同じ人でも全く違います。寝ているときは意識の制御が効かないので相当な力で噛んでいるのです。

こうなると、極力無理な力が加わらないような被せもの。適度な硬さをもつ材料、歯との強い接着、そしてナイトガードという夜間に使用するマウスピースの装着という防御策を考えないといけません。

昨日書いたいわゆる差し歯の土台も防御策の1つです。

_20180309_002852

これがファイバーポストという芯棒でこの周りに樹脂を盛り上げていきます。

ではファイバーポストを使ったら絶対歯は割れないのでしょうか?

そうではありません。

ファイバーポストを入れるために削る穴の長さや形か不適切であったり、もともと歯が薄かったりしたら、やはり割れてきます。

歯が沢山残っている場合はむしろ芯棒を入れないで樹脂だけで土台を作った方が良いこともあります。

このような土台では割れたとしても歯の上部で割れることが多いので、再度被せ直しができる可能性も上がります。

 海外の論文の中には

「定期的な歯のメインテナンスを行った結果、大多数の歯を保存できたが、失われた少数の歯の原因の中で一番多かったのは歯の破折であった」という報告もあります。

数にしてみればごくわずかではありますが、きちんと定期的なケアを受けていても避けられないことがあるのは何とも悩ましい話です。

しかし早期に処置をすれば歯が割れても保存できることもあります。

これにはやはり定期的なメインテナンスが有効であると言えるでしょう。

詳しくはこちら


カテゴリー: スタッフブログ

歯が割れた

2018年3月7日 (水)

横浜市港北区日吉本町 日吉駅近くの歯医者・歯科 眞美デンタルオフィスです。

このところ当院では歯が真っ二つに割れてしまっているケースに立て続けに遭遇しました。

噛むと痛いという症状がある場合と、全く無症状で歯のクリーニングの途中で衛生士が発見したこともありました。

神経のない歯は強度が低下して割れやすくなっています。

これは最近では一般の方にも知られて来ているのか、来院者様自ら、「歯が割れやすくなるから神経はなるべく取りたくないです。」と仰有ることも多くなりました。

神経のない歯は血液やリンパの循環がなく、枯木のようなものなので脆くなっています。

また神経の入っている根の治療をするために歯の上部や神経の入っている管の内面を切削しなくてはいけないので、その分歯の厚みが減ってしまい、強度が低下します。

このため神経の治療をするときもなるべく過大な切削を避けるように気をつけて行っています。

そして根の治療後には土台を入れて被せものをすることが多いのですが、この土台や被せものの材質、方向、形により歯にかかる負担は大きく違って来ています。

昔はとにかく取れないようにと金属の芯を根の深いところまで入れるのが良いとされていました。

しかし、10年位経つと金属の硬さと歯の硬さとの差が歪みとなり、歯の方が硬い金属に負けて割れてしまうことが頻発しました。

これにより、歯に入れる芯は「しなり」のある柔らかいものが良いという認識に変わって来ました。

そこで登場してきたのが、レジンという樹脂とファイバーの芯を組み合わせたファイバーコアという土台です。

レジンは接着力が強く、歯と一体化するような固まり方をします。

そしてファイバーの芯は適度な「しなり」を持ち、力が加わった時、歯との歪みを少なくすることができます。

また中に入れるファイバーの数が多ければより丈夫な土台となります。

今は丁度金属の土台が主流だった頃の歯か耐久性が切れて割れてしまうことが多い時期であると思います。

これからは、ファイバーコアで治療された歯が増えるので、歯が割れてしまうということが減って来るはずだと期待しています。

 

 

詳しくはこちら


カテゴリー: スタッフブログ

虫歯の治療の進歩

2018年2月18日 (日)

横浜市港北区日吉本町 日吉駅近くの歯医者・歯科 眞美デンタルオフィスです。

今日はカリオロジ―(虫歯の分野)についてのセミナーに参加してきました。

 

最近は来院された方から「神経って取らない方がいいんですよね? 」「なるべく歯を削らずに治したいのですが‥」とお話になる方も多くなりました。やはり予防や保存の情報が様々なメディアから広がって来ているんですね。

 

そうなんです!

 

いくら研究が進んでも自身の歯を越える治療材料はありません。

 

それがわかっているので、初期虫歯は削らずに再石灰化(歯のカルシウムが溶け出した部分に新たなカルシウムが沈着して修復される)を起こすような処置をする。

 

虫歯が深くて神経まで到達しても薬を作用させて体が新たな歯を作って、神経が露出したところに自然の蓋ができるようにする。

 

など以前は削り取る、神経を抜くというマイナスの治療ばかりでしたが、だんだんと「再生させる」というプラスの治療が積極的に選択されるようになりました。

 

しかし、そもそもなぜそこが虫歯になったのか?という問題が残っていたらまた新たな虫歯が発生するという残念なループが断ち切れません。

 

甘いものを食べるから虫歯になる、歯を磨かないから虫歯になる、これは原因のほんの一部です。

他にもかみ合わせ、唾液の量、食生活全般などたくさんの要因が絡み合っています。

 

このせいだ!と一つに特定することは難しいのですが、なるべくその原因を減らすことような生活習慣の改善、家でのプラークコントロール、歯科医院での専門的な予防かまず先に来なくてはいけません。

 

最初の部分でも書きましたが、ご自身の歯に優るものはありません。

 

虫歯の治療が歯科医院とのお付き合いのスタートではなく、予防がお付き合いのスタートとなって欲しいと強く願います。

虫歯のない人生を送っていただくために協力しながら歯を守っていきましょう!

 

詳しくはこちら


カテゴリー: スタッフブログ

歯の本数

2018年2月15日 (木)

横浜市港北区日吉駅近く 日吉本町の歯科・歯医者 眞美デンタルオフィスです。

初診で来院された方はまずお口の中の検査をします。

と、いうとあ~虫歯のチェックだわ~( ̄▽ ̄;)と思われる方々は多いです。

しかし他にも歯があるのかないのか、無いのならどの位置か、というのもチェックポイントです。

そして終わるとよく質問されるのは「虫歯は何本ありましたか?」ということです。

これは学校検診のイメージが強いためでしょうか?治療への恐怖?いずれにしても虫歯の数は気になるところかと思います。

ところで‥そもそも歯が生え揃うと何本あるのてもしょう?知らない方は意外に多いです。

親不知を除いて上下左右7本ずつ。7×4で28本です。乳歯は5本ずつで20本です。

日本歯科医師会では1980年代から

8020運動(80歳になった時に歯を20本以上残そう!)

という取り組みを始め、現在は50%以上の達成率となりました。平均寿命が延びていることを考えるとかなり早いペースで状況が良くなったと思われます👏

しかし8本の歯を失ってしまうことはかなり大きなダメージです。それでも目標になっていたということは、少し前の日本人の歯の状態は良くなかったんだなあと思います。

ここで注目したいのは「たくさん治療したから歯を失わなくなったのではない」ということです。

この運動の取り組みは予防の啓蒙でした。

「予防をした結果、歯を失わなくなった。」というのが真実です。

歯を残すためには予防から。

日本全体が取り組んだことの結果が示しています🇯🇵

 

 

詳しくはこちら


カテゴリー: スタッフブログ

今日はバレンタインデーのチョコレートのお話です

2018年2月14日 (水)

横浜市港北区日吉本町 日吉駅近くの歯医者・歯科 眞美デンタルオフィスです。

本日はバレンタインデーですね💛

日吉駅の東急ショッピングセンターでも少し前から特設売り場ができていて、かわいいパッケージのチョコレートが並んで賑わっています。

中高生の女子の間では友チョコのやり取りが盛んで、家で大量のチョコレート作りをしてお母さんが手伝わされて大変( ̄▽ ̄;)という話もよく聞きます。

私も娘たちが作って台所中チョコレートの香りが充満してうーん😓と思った時期もありました。

チョコレートをしょっちゅう食べていると虫歯になるからダメよ!とお子さんに言うお母さんも多いと思います。

チョコレートは大量のお砂糖を含んでいるためですが、それともうひとつ。

歯にべたっとくっつきやすいのでいつまでも口の中に残ってしまうのです。

虫歯菌はショ糖を分解して酸を作ります。

そしてその酸が歯の表面を溶かしてしまうのです。

唾液には緩衝能といって酸性になったお口の中のPHを中性に戻す働きがあります。

しかし、中性に戻すには時間がかかるので、くっついて歯の表面に残ったチョコレートから連続してショ糖がお口の中に供給されると酸性の状態が続いて歯が溶かされてしまいます(ToT)

お子さまたちが大量に手元に来たチョコレートをちょこちょこ(ダジャレ?!)つまんでいたら‥( ̄▽ ̄;)

これだけはやめていただきたいです🙅

年に一度のお楽しみの日のことですから、あまり野暮なことは申し上げたくありませんが、手元に来たチョコレートはなんだかんだと結構長い期間お家に残っていませんか?

それを食べるとき、このチョコレートのお話を思い出して下さいm(_ _)m

歯科医院専売のキシリトール100%のチョコレートというものもあります。

これなら酸を作ることができないので、歯の表面を溶かすことはありません。

キシリトール特有のすっとした感じは多少ありますがなかなかのお味です(^O^)

当院でもこの期間だけ販売しています。

見かけたら、ぜひチャレンジしてみて下さい。

詳しくはこちら


カテゴリー: スタッフブログ

眞美デンタルオフィス

神奈川県横浜市港北区日吉本町1丁目19-16
石川ビル1F 日吉駅西口中央通り徒歩1分

TEL045-563-4418

診療時間9:30〜18:30(土曜日〜14:30)

オンライン初診予約

診療時間
午前 9:30~12:30 × ×
午後 14:00~18:30 × × ×

水曜日は〜18:00までの診療
土曜日は9:30〜14:30(昼休みなし)
  休診日 木・日・祝祭日

Copyright © Mami dental office ,All Rights Reserved.

初めての方はお読みください