Dr.マミの歯のブログ

歯が割れた後の処置

2018年3月11日 (日)

横浜市港北区日吉本町 日吉駅近くの歯医者・歯科 眞美デンタルオフィスです。

過去2回、歯が割れることについて記事を書いてきました。

今回は歯が割れてしまったらどうするのか?という事について書いていこうと思います。

まず歯が割れるということは

1.

・根の中まで割れた。

・歯の上の部分(歯冠)だけが割れた。

2.

・縦に割れた。

・横に割れた。

3.

・完全に真っ二つになっている。

・割れてはいるがヒビのみで分離はしていない。

という状態で治療は違ってきます。

1.2.3 共に上の状態の方が重症と診断され、歯を残すことが難しい場合が多いです。

1.根の中、特に骨の中まで破折が及んでいる場合は原則抜歯となります。

上の部分のみが割れているのであれば割れた部分を除去して、被せもので補い保存することができる可能性は高いです。

2.縦に割れている時は大抵ヒビが根の中まで及んでいることが多いので、深いところまでマイクロスコープやCTで慎重に観察をして保存の可否を決めます。

歯の上の部分が横割れしているときは神経との距離があればそのまま詰めたり被せものをします。

神経に割れ目がかかっている場合は神経に対しての処置をしてから被せものをします。

しかし根が骨の中で横割れしている場合はとても残すのが難しいですが、転倒などの外力で瞬間的に割れて、尚且つ年齢が若い場合は噛み合わせの力をコントロールしながら経過を診ていくこともあります。

3.根の先まで真っ二つに割れた場合は抜歯となる可能性が高いです。

ヒビであれば浅い場合は接着力のある樹脂で塞いだり、神経の治療をして冠で周りを覆って固定します。

大まかに書きましたが、同じ竪の割れ目でも少し歯に対して角度がついた割れ方をしている場合、また割れて二つに分離していた期間がどれぐらいか?

によっても予後は左右されます。

ここで抜歯ですと書いた場合も、患者さんとご相談の上、接着力のある樹脂やMTAという薬剤、もしくは引き上げる矯正力を使って歯の保存をする方法を選択することもあります。

その方法についてはまた次回にでもお伝えしたいと思います。


カテゴリー: スタッフブログ

眞美デンタルオフィス

神奈川県横浜市港北区日吉本町1丁目19-16
石川ビル1F 日吉駅西口中央通り徒歩1分

TEL045-563-4418

診療時間9:30〜18:30(土曜日〜14:30)

オンライン初診予約

診療時間
午前 9:30~12:30 × ×
午後 14:00~18:30 × × ×

月・水曜日は〜18:00までの診療(最終受付17時30分)
土曜日は9:30〜14:30(昼休みなし)
  休診日 木・日・祝祭日

Copyright © Mami dental office ,All Rights Reserved.

初めての方はお読みください