Dr.マミの歯のブログ

歯が割れた場合の治療2

2018年3月16日 (金)

横浜市港北区日吉本町 日吉駅近くの歯医者・歯科 眞美デンタルオフィスです。

前回は歯が割れた時の処置について書きました。

本日は通常は抜歯と判断されるような深い破折に対して当院で行っている処置についてご説明したいと思います。

1.横割れ、斜めに割れている歯について

・歯を支える骨(歯槽骨)の高さより下で割れている歯

歯槽骨から歯の割れ目がかなり近い場合は、割れている小片を除去してから矯正力を発揮するゴムで引き上げて、歯の縁が骨より高い位置になるようにしてから、被せものの処置をします。

・歯槽骨の縁から歯の割れ目が遠い場合は、一度歯を脱臼させて歯槽骨から外して適正な位置に固定します。

完全に抜歯をしてから適正な位置に固定することもあります。

いずれもこの場合はあらかじめ、歯の中を樹脂で固めたり、骨の再生を促進する材料を使用することが多いです。

2.縦に完全に二つに割れている歯について

一度口腔外に割れた小片を取り出して、薬剤処理や樹脂で固めて形を復元します。

その後、骨の再生を促進する材料を根の表面に塗布もしてから口腔内に戻します。

この時に歯の向きを変えて戻して骨が再生しやすくする場合もあります。

この処置を永久的な保存処置とすることは難しいと思われますが、当院でこの処置を開始して5年経過中ですが、ほとんどの歯は口腔内で機能しています。

数症例で最初とは異なった方向に破折し、二次的に再治療をしましたが、一回目に接着した部分は剥離などの損傷は認められませんでした。

歯の延命処置としては有効な方法だと思われます。

※この治療は手技、材料が健康保険適応範囲外の処置です。詳細につきましてはご来院いただき検査を行った上でご説明をいたします。

 


カテゴリー: スタッフブログ

眞美デンタルオフィス

神奈川県横浜市港北区日吉本町1丁目19-16
石川ビル1F 日吉駅西口中央通り徒歩1分

TEL045-563-4418

診療時間9:30〜18:30(土曜日〜14:30)

オンライン初診予約

診療時間
午前 9:30~12:30 × ×
午後 14:00~18:30 × × ×

月・水曜日は〜18:00までの診療(最終受付17時30分)
土曜日は9:30〜14:30(昼休みなし)
  休診日 木・日・祝祭日

Copyright © Mami dental office ,All Rights Reserved.

初めての方はお読みください