Dr.マミの歯のブログ

仮歯の役割~前歯の治療

2018年4月12日 (木)

横浜市港北区日吉本町 日吉駅近くの歯医者・歯科 眞美デンタルオフィスです。

治療の途中で仮にプラスチックで作った仮の歯を入れることがあります。

仮のものなので使用しているとはずれる、欠けるというトラブルもありますが、それでも大切な役割をしています。

どんな時に仮歯を使うのでしょう?

治療のために前歯を削ってあると見た目の悪さで日常生活に支障が出ますので、仮の歯で補います。

審美的な回復を目的とした治療の場合、歯の形や傾き、大きさが顔のイメージを変化させるので、仕上がりとご本人のご希望を一致させるために仮歯を削ったり足したりしながら理想の形を決めていきます。

仮歯を使っていただく期間中通して見て、セルフケアがやりやすいか、汚れが流れやすいかということも大切なチェックポイントです。

また仮歯の素材は強くないために、しばらく使っていて繰り返し強い力がかかる場所がある場合はそこから壊れてきます。

このような経過を診ることで、本物を作る時にはセルフケアのしやすい形にしたり、壊れた所にはその場所の強度を上げるように工夫することができます。

歯肉のラインも審美的にはポイントです。理想的な歯肉のラインを作るために、仮歯の縁の形に沿って歯肉の形を微妙に変えていくこともできます。歯肉へ接する形が良い仮歯を入れると、仮歯の縁の形に添って歯肉の形が理想的に変化してくるのです。

理想的な歯肉の形とは貝殻の縁が連続したようなスキャラップという形です。

この形に歯肉を作ることで、適正なプロポーションを持った被せものを作る自由度も増します。

 

 

逆に仮歯が歯肉に接する状態によっては歯肉の炎症を起してしまうこともあるのです。

このように仮歯は見栄えを一時的に仮のもので補うという役割だけではなく、歯肉を理想的な状態に作る、噛み合わせのクセを見つける、噛み合わせのバランスを失わないようにする、治療の間に起こる歯の移動を防ぐのどたくさんの働きをしてくれます。

治療をされる時には「仮歯」という言葉で患者様にお話していますが、単なる「仮」ではなく、治療を行う上での重要な意味を持っていることも多いのですよ(^○^)


カテゴリー: スタッフブログ

眞美デンタルオフィス

神奈川県横浜市港北区日吉本町1丁目19-16
石川ビル1F 日吉駅西口中央通り徒歩1分

TEL045-563-4418

診療時間9:30〜18:30(土曜日〜14:30)

オンライン初診予約

診療時間
午前 9:30~12:30 × ×
午後 14:00~18:30 × × ×

月・水曜日は〜18:00までの診療(最終受付17時30分)
土曜日は9:30〜14:30(昼休みなし)
  休診日 木・日・祝祭日

Copyright © Mami dental office ,All Rights Reserved.

初めての方はお読みください