Dr.マミの歯のブログ

お口の中のカンジダ症(口腔カンジダ症)

2018年6月9日 (土)

横浜市港北区日吉本町 日吉駅近くの歯科・歯医者 眞美デンタルオフィスです。

 

 

 

関東地方も梅雨入りとなり、ジメジメの季節がやって来ました。

この時期は湿気のために洗濯物も乾かないし、住居にもカビが発生しやすく、家事をするには憂鬱な季節ですね。

 

 

 

カビは真菌という微生物で、一般的に嫌われることが多いです。

タイトルのカンジダも真菌の一種で、これがお口の中にも発生して悪さをすることがあります。

 

 

 

 

口腔カンジダ症という粘膜の疾患で、カンジダ・アルビカンスという真菌がお口の中で増殖して白い病変や、赤く腫れてヒリヒリする病変を起こします。

 

 

 

発生する場所は、舌や歯肉、頬の内側、上顎(口蓋)の粘膜です。

白い粘膜となってしまう場合、急性ですとガーゼなどで白い部分はすぐ剥がれますが、慢性化すると厚みをもって剥がれにくい状態になります。

赤くなる場合は強い痛みを伴い、食事をするのが困難になったり、話づらかったり、痛くて歯ブラシができにくくなります。

 

 

 

 

 

一般に免疫低下が原因とされますが、唾液の量が少なくて自浄作用が低下しても起こりやすくなります。

また、抗生物質を長く服用したことでお口の中の細菌の構成が変化しカンジダが急激に増える、高齢で免疫力が低下している方が手入れの不十分な義歯を装着しているという場合もカンジダが増殖しやすくなります。

 

 

治療としては抗真菌薬の入った軟膏やうがい薬を使用して繁殖を抑えます。

予防としてはお口の中や、義歯を清潔に保つことが一番です。

 

 

 

 

 

一度かかるとなかなかしつこく、十分に真菌を抑えないと繰り返すことも多いです。

そのうち治るだろうと放置して数が増えると治りにくくなりますので、お口の中にヒリヒリした痛みや白い病変を見つけたら早めに歯科を受診することをおすすめします。

 

 

 

 

 

この季節、体調も悪くなりがちですので、免疫機能を落とさないような休養に加えて、十分なお口の中の手入れも心がけていただきたいと思います。


カテゴリー: スタッフブログ

眞美デンタルオフィス

神奈川県横浜市港北区日吉本町1丁目19-16
石川ビル1F 日吉駅西口中央通り徒歩1分

TEL045-563-4418

診療時間9:30〜18:30(土曜日〜14:30)

オンライン初診予約

診療時間
午前 9:30~12:30 × ×
午後 14:00~18:30 × × ×

水曜日は〜18:00までの診療
土曜日は9:30〜14:30(昼休みなし)
  休診日 木・日・祝祭日

Copyright © Mami dental office ,All Rights Reserved.

初めての方はお読みください