Dr.マミの歯のブログ

8月の休診日につきまして

2018年8月2日 (木)

横浜市港北区日吉本町 日吉駅近くの歯科・歯医者 眞美デンタルオフィスです。

8月の休診につきましてご連絡いたします。

 

8月5日(日)~12日(日)まで夏期休暇のため休診とさせていただきます。

 

他は平常通り、診療いたします。

 

ご不便をおかけしますが、宜しくお願い申し上げます。

DSC_0572

8月も引き続き、猛暑とのこと。

皆様におかれましては休養を十分取られて、お健やかに夏をお過ごし下さいますようお祈り申し上げます。

詳しくはこちら


カテゴリー: スタッフブログ

スポーツ用のマウスガード

2018年8月6日 (月)

横浜市港北区日吉本町 日吉駅近くの歯科・歯医者 眞美デンタルオフィスです。

昨日は東京ビッグサイトで行われているMakers Fairに行きました。

「ものづくり」に関わるの方々のイベント的な展示会で、大学の研究室の学生さんや企業の方々、個人の出展など様々な発明?の作品が出ていて、ドローンレースやゲームの体験もすることができるブースもあり、お客さんも出展している方もとても楽しそうでした。

 

その中で歯科に関わる製品があったのでご紹介します。

_20180805_234301

 

スポーツ用のマウスガードとドリンクボトルをチューブで繋ぎ、噛むとドリンクが吸い上げられて口の中に必要量入るという試作品。
高齢者の誤嚥防止にこの仕組みを使うのは聞いていたような気もするのですが‥。

 

 

 

 

これはマラソンや自転車競技の人がハンズフリーで水分補給ができるというものでした。

なかなか画期的だと思います。

歯の型どりをして作るので、製品化されたら歯科が関わって作ることになるのでしょう。

 

マウスピースを入れるメリットと水分補給の余分なアクションを減らすという2つのメリットが発揮されるのでは?

詳しくはこちら


カテゴリー: スタッフブログ

若い方の入れ歯

2018年8月3日 (金)

横浜市港北区日吉本町 日吉駅近くの歯科・歯医者 眞美デンタルオフィスです。

入れ歯は残念ながら歓迎すべきものではないというイメージが多くの方にあり、特に40代以下の若い患者様は入れ歯になるのは嫌だという反応がほとんどです。

しかし、歯を失ってブリッジにするのは隣の歯を削らなくてはいけないので希望しない、インプラントはオペが不安という理由で最終的に義歯を選択される方も少なくありません。

そしてなるべく義歯とわからないように、というご希望をいただきます。

このような場合、当院では失った歯の本数や失った部位、周囲の歯の状態が条件に合えばノンクラスプデンチャーという方法をお薦めしています。

これは歯肉と同じ色の軟らかいプラスチックで義歯を維持するので金属を使った義歯のように目立つことはありません。

ただ失った歯の本数が多かったり左右両側にまたがると義歯にかかる力が大きくなります。
このため、経年的に変形してしまうので適応ではないと考えています。

では失われた本数が多い場合は?

これは状況にも寄りますが、残った歯に磁石を応用したり、特殊な維持装置を義歯に組み込んで、外側に出る金属を少なくすることもできます。

「入れ歯は嫌だなぁ」と歯を失ったまま受診を躊躇している方はぜひご相談下さい!

 

詳しくはこちら


カテゴリー: スタッフブログ

歯周病菌が大腸癌の発癌に関与 横浜市立大学の研究より

2018年7月5日 (木)

横浜市港北区日吉本町 日吉駅近くの歯科・歯医者 眞美デンタルオフィスです。

横浜市立大学の研究結果により、歯周病菌の一種であるFusobacterium nucleatumが大腸癌患者の癌組織から高頻度に発見されたということがわかりました。

これにより、治療法や予防に新しい進展が期待されるということです。

消化器系として口腔から肛門までは一連に繋がっています。

Fusobacterium nucleatumという菌は歯周病の原因菌として代表的な菌の一種です。

感染経路は不明とありますが、通常この菌は大腸には認められないとの事なので、歯周病菌として存続する口腔内からの移行の可能性は考えられるため、論文タイトルにも同一の菌という表現を使用したのだと思います。

もし更に研究が進み、強い関与があることが明らかにされれば、予防としての口腔ケアは大きな意味を持つのでしょう。

以下横浜市立大学のHPプレスリリースから引用・抜粋

掲載論文

Patients with colorectal cancer have identical strains of Fusobacterium nucleatum in their colorectal cancer and oral cavity
大腸癌患者は大腸癌組織および口腔内に同一菌株のFusobacterium nucleatumを保有する
Yasuhiko Komiya, Yumi Shimomura, Takuma Higurashi, Yutaka Sugi, Jun Arimoto, Shotaro Umezawa, Shiori Uchiyama, Mitsuharu Matsumoto, Atsushi Nakajima
GUT 2018, doi: 10.1136/gutjnl-2018-316661

 

口の中の歯周病菌が大腸癌の発癌に関与

新たな治療法や予防法に繋がる可能性

~『GUT』に掲載 ~

公立大学法人横浜市立大学 学術院医学群 肝胆膵消化器病学 日暮琢磨診療講師は、共同研究グループメンバーの協同乳業株式会社 松本光晴主幹研究員らとともに、大腸癌患者の患部組織と唾液からFusobacterium nucleatum (F. nucleatum)を分離・解析した結果、4割以上の患者で癌組織と唾液に共通した菌株が存在していることを発見しました。この結果は、大腸癌の発癌過程への関与が報告されているこの腸内細菌が口腔内に由来すること、すなわち、口腔内のF. nucleatumが大腸癌に関与していることを強く示唆しています。

 

 

 

 

研究成果のポイント

〇大腸癌患者の唾液と大腸癌組織で

細菌F. nucleatumの共通の菌株を発見。

大腸癌組織のF. nucleatumが口腔内に

由来することが示された。

〇口腔内・腸内環境からの新たな大腸癌

の治療法、予防法などに繋がる発見と

考えられる。

引用終了。

今後の研究の進展に注目していきたいと思います。

詳しくはこちら


カテゴリー: スタッフブログ

予防歯科のススメ  ~ 長らく歯科に行っていない方もぜひ予防をおすすめします

2018年6月28日 (木)

横浜市港北区日吉本町 日吉駅近くの歯科・歯医者 眞美デンタルオフィスです。
本日は予防歯科のススメということで、 しばらく歯科に行ってないくて行きにくいな、何となく怖いな~という方にもぜひ歯科とのお付き合いを再開していただくためにお伝えします。
長らく歯科に行かない方には
歯が悪いけど放置していて、でも行きたくないので痛み止めでやり過ごしている
という方もいらっしゃいますが、
長らく歯科に行かないで済むということは、特別不自由していないし、痛いところもないという方も多いです。
本日はその特別不自由していない方に向けてのお話です。
治療もないし、行く必要がないでしょう?というのはちょっともったいない‥。
ぜひ予防のために歯科に通うというメリットを知っていただけたうれしいです。
・治療ではない歯科との付き合い方
残念ながら不安や不具合というマイナスの状態を治療でゼロに戻すという繰り返しが従
来の日本における歯科との付き合い方の主流でした。
これでは結局ご自身の歯が減って、人工物に置き換わっていくばかりです。
定期的に歯科に来院していただいて、検査によってリスクを早期に察知して対応するこ
とで今ある健康な歯を極力減らさずにすることが長い目で見るととても有利に働きます
具体的には虫歯へのフッ素の応用や歯周病の兆しを認めたらクリーニング期間を一時的に短縮し、薬物応用をしてリスク部位の細菌の減少させるということも行っています
また年齢を重ねることで起こる歯の根元の削れや、噛み合わせのバランスの変化にも対
応してダメージを最小限にすることで生涯に渡り、健康な歯を保っていただきたいと強く願います。
眞美デンタルオフィスはより結果の残る予防を追及して、日々の学びをもとに機器の導
入や手技の改良を行い、
「確実な予防歯科」
をご提供できるようにアップデートしています。
・検査データーのストックと現状の客観的な評価
来院時には、目で見る虫歯のチェックや歯肉の状態はもちろん
・歯周ポケット検査
・写真による画像検査
・レントゲンによる経過観察
・お口の中にいる細菌の量や種類の検査
・唾液検査
などを行い、検査データーをデジタルで個人ファイルに保存、ストックしておきます。
毎回の検査で現状を明らかにするだけでなく、以前のデーターとの比較や遡っての原因
発見など、長期間にわたる体の変化を知ることが今後のより良い予防に繋がります。
・健康と笑顔のために
 皆様にはどんな楽しみがありますか?
 お友達と過ごす時間、家族と過ごす時間、大好きな人と過ごす時間に食事をしたり、
旅行に行ってたくさんお話をして笑ったりという時間は心にも体にもとても嬉しいこと
です。
その時間を充実させるためにお店はどこにしよう?どんなメニューを選ぼう?何を着て
いく?どこに行こう?あの話もしたい、この相談もしたい、など様々なことを考えます
ね。
でももし、歯の健康や審美的な問題があったら・・・
これらの楽しみは半減してしまいそうだと思いませんか?
この時間を心から楽しむためにも定期的なお口のメンテナンスをおすすめします。
不安や不具合というマイナスの状態を治療でゼロに戻すという繰り返しではお口の中に
人工物が増えて少しずつ環境が悪化していきます。
定期的なメンテナンスやクリーニングでゼロからより健康に、より美しいプラスの状態になって、いつでも安心して大切な時間を充実させていただけるように。
またマウスクリーニングやホワイトニングでご自身の大切な歯をより健康に、より美しくして楽しい毎日を
より楽しく過ごしてください。

詳しくはこちら


カテゴリー: スタッフブログ

眞美デンタルオフィス

神奈川県横浜市港北区日吉本町1丁目19-16
石川ビル1F 日吉駅西口中央通り徒歩1分

TEL045-563-4418

診療時間9:30〜18:30(土曜日〜14:30)

オンライン初診予約

診療時間
午前 9:30~12:30 × ×
午後 14:00~18:30 × × ×

水曜日は〜18:00までの診療
土曜日は9:30〜14:30(昼休みなし)
  休診日 木・日・祝祭日

Copyright © Mami dental office ,All Rights Reserved.

初めての方はお読みください