Dr.マミの歯のブログ

Oリングテストを使った歯科治療〜脳歯科Zoomセミナーでお伝えしたこと

2024年6月6日 (木)

こんにちは。

横浜市港北区の歯科医院 眞美デンタルオフィスです。

 

こちらのブログでは脳歯科や東洋医学などの話題を書いています。
 
 

当院では通常の歯科治療と共に、東洋医学や脳歯科などのホリスティックな治療を取り入れて、患者様に最適な治療を選択するようにしています。

 
 
 
先日告知いたしました脳歯科Zoomセミナーは無事終了しました。
 

平日の診療後、お疲れの時間にも関わらず、多くの先生方にご参加いただきありがとうございました。
 
 
東京都開業の奥田恵美先生と私が脳歯科認定医及び脳歯科認定講師としての立場で脳歯科セミナー、脳歯科治療についてご紹介させていただきました。
 
 
 

今回は奥田先生は脳歯科、量子力学についてのお話と関節可動域の改善や、義歯による歩行改善症例を発表していただきました。
 
 
 

私からは脳歯科を学び始めて、どう自分の医院に取り入れて来たかというお話と、プロ野球選手の肩痛、筋力低下、握力低下を改善したパフォーマンスアップの症例を紹介いたしました。
 
 
 
また今まで再受講を含め2回のセミナー参加をしていただいた愛知県開業の小田先生からは脳歯科を学んだ後の臨床の変化などについてお話いただきました。
 
 
 
FB_IMG_1717628805444
 
 
 
奥田先生と私の間で事前に相談して症例を選んだわけではありませんでしたが、偶然か必然か調整前のイメージングやシュミレーションによって身体が変わることがわかりやすい動画を見ていただくことができたと思います。
 
 
脳歯科治療ではOリングテストの結果がマイナスの場所を調整対象としますが、いきなり調整のために歯や義歯を触らず、同じ動きでシュミレーションをして、Oリングテストがプラスに転じているか、身体の動きや痛みが変わるかを事を確認してから初めて本当に歯や義歯に器具を触れさせて調整をします。
 
 
 
もしくは術者の意識の中でこれからやる治療をイメージして、身体が変わるかを確認します。
 
 
この点が脳歯科治療の確実性を増すために必ず行わなくてはいけないことです。
そして、最小限の治療で最大限の効果という目標を達成するためにとても重要なステップです。
 
 

 
 

実際に行う治療通りに器具を動かすシュミレーション、意識をこれからやろうとする治療に向けるイメージングは、術者である私達が常に治療中に行うことです。
 
 
 
初めて脳歯科に触れる方は、シュミレーションやイメージングで身体が変わる事に驚かれるのですが、脳歯科治療において事前確認は基本のキなので、脳歯科セミナー受講参加者は数回でこのことがご自身でも当然のようにできて、感じていただけています。
 
 
head_logo
 
脳歯科治療は、患者様の身体の動きの改善やQOLの向上が、一般の歯科治療より近く感じられる経験が多い治療だと思います。
 
 

 

 
瞬時に手が動くとか、シュミレーションをしただけで動きが改善されることは、患者様の生活改善のプロセスに過ぎません。
 
 
 
術者の私達も「治療の後の患者様のより良い生活」に意識の焦点を合わせて治療をし、それが達成された時には心からの嬉しく思います。
 
 
 
これらのことは先月Zoomセミナーに参加いただいた皆様にもお伝えしましたが、今回は参加されなかった脳歯科に興味がある先生方もぜひ次の何らかの機会にお話を聞いていただけたら幸いです。
 
 
 
※今回のセミナーでご紹介いたしました動画は、ご本人の許可をいただいた上で十分にプライバシー保護に努めて編集させていただきました。脳歯科普及の意図をご理解いただき、ご快諾いただきましたことに心より感謝申し上げます。
 
 
 
※治療結果は全ての方に共通するものではありません。
治療経過、結果については個人差があります。

 

もし慢性的な痛みや機能低下がある場合、その原因がお口の中にあるかもしれません。
 

 
脳歯科の治療を選択肢の1つとお考えでしたら、ぜひご相談下さい。

 
また一般歯科治療でも身体に最適な治療を受けたいと思われる方もご相談下さい。
 

 

脳歯科の初診は一般の歯科治療の場合とは異なり、2時間のご予約時間をお取りします。

 

このためご予約の際には必ず脳歯科希望の旨をお伝えいただき、時間を確保させていただけますようお願い申し上げます。

 

 

眞美デンタルオフィス
https://www.mamidentaloffice.jp/braindentistry/

詳しくはこちら


カテゴリー: 全身をととのえる歯科治療〜脳歯科ブログ,脳歯科でできること,脳歯科とはどんな事をするの?,脳歯科の診査,脳歯科関連のお知らせ

6月24日(月)休診のお知らせ

2024年6月3日 (月)

6月24日(月)は臨時休診とさせていただきます。
患者様にはご迷惑をおかけしますが、予めご了承くださいませ。

詳しくはこちら


カテゴリー: お知らせ

口の中が変な味がする〜自発性異常味覚

2024年5月30日 (木)

こんにちは。

横浜市港北区の歯科医院 眞美デンタルオフィスです。

 

こちらのブログでは脳歯科や東洋医学などの話題を書いています。
 
 

当院では通常の歯科治療と共に、東洋医学や脳歯科などのホリスティックな治療を取り入れて、患者様に最適な治療を選択するようにしています。

 
 
 

本日は味覚のお話です。
 
 
治療にいらしている患者様から、いつも苦い味がする、金属のような味がするというようなお話を伺うことがあります。
 
 
kega_kamu__shita
 
 
しかしお口の中を見ても、舌の炎症や歯肉の炎症、不適切な被せ物などは見当たらないことも多いです。

 

これは自発性異常味覚という状態が考えられます。

 

異常な味を感じるが原因がはっきりせず、通常の味覚とは違う不快な味を感じます。

 

自発性異常味覚は味覚障害の1つで、物を食べることで異常な味を感じる異味症と似ていますが、味覚異常の引き金になる行為が特定できない点が異なります。
 
 
 

自発性異常味覚の症状は個人によって様々ですが、

代表的な例として

 
 
 
1. 金属味

口の中で常に、あるいはたびたび金属的な味を感じます。飲食をしても歯磨きをしても消えません。

 

2. 苦味

いつも、あるいは頻繁に苦味を感じることがあります。食事をしても歯磨きでも苦味は続きます。

 

3. 塩味

口の中に何も食べていなくても常に、あるいは頻繁にしょっぱい感じがします。

 

4. 化学物質の匂い

口の中で化学物質の匂いを感じます。これも口の中に何か入れても消えません。

 

 

このような症状はご本人にとってとても不快で、飲食を妨げることがあります。また、自発性異常味覚は心理的なストレスなどの問題を引き起こす可能性があります。

 

自発性異常味覚の原因は明らかになっていません。複数の要因が重なったことで発症することも考えられます。

 

考えられているのは

 

1. 神経障害

脳や神経系の障害が自発性異常味覚を引き起こす可能性があります。

 

2. 薬剤の副作用

薬剤によっては長期服用することで口腔内で味覚に影響を与えることがあります。特に抗がん剤や抗うつ薬などが自発性異常味覚を引き起こすこともあります。

 

3. 口腔内の問題

口腔内の感染症や合わない被せ物や義歯が自発性異常味覚を引き起こすことがあります。口腔内の健康状態が異常味覚に影響を与えることがあります。

 

4.全身疾患

糖尿病や腎臓疾患などの全身疾患が自発性異常味覚を引き起こすことがあります。代謝や血流に影響が出て、味覚に異常をもたらすことがあります。

 

5. 心理的要因

ストレスやうつ病などの精神的な問題が自発性異常味覚を引き起こすことがあります。これらの要因は、脳内の神経伝達物質のバランスを崩し、味覚に影響を与える可能性があります。

 

自発性異常味覚の治療は原因によって異なりますが、一般的な治療法としては以下のようなものがあります。

 
 
 
1. 薬物療法

薬剤が原因の場合、薬の変更や量の調整、症状の緩によっては抗うつ薬や抗てんかん薬などが使用されることもあります。

また原因が局所の障害でないので、漢方薬も有効と思われます。
 
2.歯科治療

口腔内の問題が原因の場合は、歯科医師による口腔ケアや治療が必要となります。

 

3. 全身疾患の管理

全身疾患が原因の場合は疾患に対する治療を行います。

 

4. 心理的サポート

心理的サポートは、自発性異常味覚の治療において重要な役割を果たします。異常な味覚を感じることで生じる心理的なストレスや不安は、日常生活や食事に影響を与えることがあります。そのため、心理的な問題に対する適切な支援が必要です。

 

このように、口の中の異常ですが、治療は医科も含めた全身のアプローチも必要です。

 

歯科的には、口腔内の金属からの微小電流への対処、や脳歯科的には脳の誤作動を引き起こす口腔内の刺激部位の調整などが考えられます。

 
 
 
常々お口の中に嫌な味がしていることはご本人にとって本当にストレスだと思います。
 
 
mazui7_obasan
 
 
お口の中のトラブルですので、歯科でできることはいくつもあるはずです。

 

少しでも早くストレスから解放されていただくように

歯科でできる治療のパートはあらゆる形で努めたいと思います。

※治療結果は全ての方に共通するものではありません。
治療経過、結果については個人差があります。

 

もし慢性的な痛みや機能低下がある場合、その原因がお口の中にあるかもしれません。
 

 
脳歯科の治療を選択肢の1つとお考えでしたら、ぜひご相談下さい。

 
また一般歯科治療でも身体に最適な治療を受けたいと思われる方もご相談下さい。
 

 

脳歯科の初診は一般の歯科治療の場合とは異なり、2時間のご予約時間をお取りします。

 

このためご予約の際には必ず脳歯科希望の旨をお伝えいただき、時間を確保させていただけますようお願い申し上げます。

 

 

眞美デンタルオフィス
https://www.mamidentaloffice.jp/braindentistry/

詳しくはこちら


カテゴリー: トピックス,全身をととのえる歯科治療〜脳歯科ブログ,漢方,脳歯科でできること

棋士の歯の変化〜脳歯科的に考えてみる

2024年5月23日 (木)

こんにちは。
 
 

横浜市港北区の歯科医院 眞美デンタルオフィスです。

 
 

こちらのブログでは脳歯科や東洋医学などの話題を書いています。
 
 
 
 
当院では通常の歯科治療と共に、東洋医学や脳歯科などのホリスティックな治療を取り入れて、患者様に最適な治療を選択するようにしています。
 
 
 
 

今回は棋士の歯のお話です。
将棋棋士の藤井聡太さんは、若くして数々の記録を打ち立てた天才棋士として知られています。
 
 
その活躍はニュースなどでも度々取り上げられていて、将棋ファンでなくても広く知られる存在です。
 
 

もちろん私もニュースなどで拝見し、若いのに落ち着いた所作と受け答えが素晴らしいと感心しています。

 
 
 
 
そして勝負の結果以外に歯科医師として気になったのは、最近矯正器具がついたことでした。
これは以前やっていた矯正の再開ということだそうです。
子どもの時に矯正を始められたが中断されていたとか。
 
 
 
 

将棋というのは頭の中で次々に手を読んで何時間も対局しなくてはいけません。
脳は常にフル回転です。
 
 
 
sports_syougi_taikyoku
 
 
 
脳歯科的に考えると、器具や歯の位置変化による口腔内のわずかな刺激が思考にどのような影響を与えるのだろう?というところに歯科医として関心を持って矯正の行方を見守っています。
 
 
 
 
一方ひふみんの愛称で知られる 将棋棋士加藤一二三永世十段も、当時史上最年少のプロ棋士となられ、数々のタイトルを手にされた天才棋士です。
 
 
個性的なキャラクターでも知られ、テレビやメディアでも広く活躍されていて、皆様ご存知かと思います。
 
 
 
 
この加藤一二三永世十段は信念を持って、失った歯に対して治療をしていないとのことです。
 
 
 
 
その理由に興味を持ち、色々調べてみました。
すると現役時代に対局している時は長考を重ねて歯を食い縛り、歯が傷んでしまって失われたそうです。
 
 
しかし、治療で入れ歯を入れたらどうにも頭が働かなくなってしまった。
 
 
そこで入れ歯をはずしたら元通りに頭が働くようになった。
 
 
それ以来、入れ歯を入れたり歯を治すことをやめた
ということです。
 
 
このような
このような経験からでしょうか、藤井聡太九段の矯正をすることによる対局への影響を危惧しておられるコメントも読んだことがあります。
 
 
29434122_s
 
 
再び脳歯科的に推測すると、加藤一二三永世十段の当時の入れ歯は、どこかの場所が舌や頬の粘膜に対して気付かないほど微小でありながら、脳の働きを阻害するような多大な刺激を与えていたのではないかと思います。
 
 
それが脳への信号となり、思考力低下に繋がったのではと考えます。
 
 
 
 
もしくは、入れ歯を入れて食いしばることで、義歯の下の歯肉の粘膜への望ましく無い刺激が加わったのかもしれません。
 
 
いずれにしても、入れ歯を外した途端に思考力が回復したとのことですので、口の中の刺激が、脳の働きに直接作用したのは間違いないと思います。
 
 
もし脳歯科のメソッドを使ってOリングテストで刺激部位を特定して義歯を調整したら···義歯を入れても思考力は落ちずに対局できたかも···?と考えてしまいます。
 
 
藤井聡太九段も矯正器具によりお口の中の刺激が発生しているはずですが、矯正治療を継続されていることから、思考力の低下を自覚されるような事は無いのでしょう。
 
 
 
 
矯正治療が終了したら口腔内の環境が改善されたことで、藤井聡太九段の天才的な強さにますます磨きがかかったという展開になったらいいなと願って応援しています。
 
 
 
 
※今回のお話はあくまでもメディア情報をもとにした私見ですのでご了承下さい。

※治療結果は全ての方に共通するものではありません。
治療経過、結果については個人差があります。

 

もし慢性的な痛みや機能低下がある場合、その原因がお口の中にあるかもしれません。
 

 
脳歯科の治療を選択肢の1つとお考えでしたら、ぜひご相談下さい。

 
また一般歯科治療でも身体に最適な治療を受けたいと思われる方もご相談下さい。
 

 

脳歯科の初診は一般の歯科治療の場合とは異なり、2時間のご予約時間をお取りします。

 

このためご予約の際には必ず脳歯科希望の旨をお伝えいただき、時間を確保させていただけますようお願い申し上げます。

 

 

眞美デンタルオフィス

 
 

https://www.mamidentaloffice.jp/braindentistry/

詳しくはこちら


カテゴリー: トピックス,全身をととのえる歯科治療〜脳歯科ブログ,脳歯科の意義

村上和雄先生の本

2024年5月16日 (木)

こんにちは。
 
 

横浜市港北区の歯科医院 眞美デンタルオフィスです。

 
 

こちらのブログでは脳歯科や東洋医学などの話題を書いています。
 
 
 
 
当院では通常の歯科治療と共に、東洋医学や脳歯科などのホリスティックな治療を取り入れて、患者様に最適な治療を選択するようにしています。
 
 
 
当院はGW期間、暦通りの診療でしたが、前半と後半の間の診療が終了した夜から山梨に脳歯科の先生方と2泊のミニ合宿に行ってきました。
 
 
 
 
脳歯科大好きなメンバーの集まりですので、診療のこと、テクニックのことなど沢山のディスカッションができ、豊かな自然に癒やされながら有意義な時間となりました。
 
 
その中で紹介された本があります。面白そうだったので現地でAmazonから購入し、連休中に読了しました。
 
 
 
 
村上和雄著「生命の暗号」
Screenshot_20240509-145825_1
 
 
 
 
村上和雄先生は、すでに鬼籍に入られましたが、筑波大学名誉教授で特に高血圧について遺伝子研究について多くの功績を残された著名な研究者です。
 
 
 
 
数年前のパンデミックの時に、やはり友人に紹介されてオンライン上で公開されていた村上先生の出演されたドキュメンタリー映画を観ました。
 
 
それでご研究やお話は存じていましたが、改めて本を通して読むと人間の神秘性に驚かずにはいられませんでした。
 
 
 
 
詳細は割愛しますが、人間は想像を絶するような緻密な成り立ちをしており、何か偉大なサムシング・グレートによって造られたとしか思えない。そしてその中にはまだまだ大きな可能性が眠っていて、それを呼び覚まされた時には、ありえないような変化が起きるそうです。
 
 
火事場のバ◯力とか、大きな困難に直面すると一夜にして白髪に変わってしまう
など、眠っていた遺伝子が発動するからだとおっしゃいます。
 
 
普段私達の遺伝子は5%しか働いていないそうです。
しかし、残りの遺伝子に対して何らかの発動のきっかけを与えることで奇跡と思われるような体の変化が起きるとのこと。
 
 
 
 
そしてこの本に出会い、遺伝子の可能性にかけたある女性は、医師から余命数ヶ月と宣告されていた自らの末期悪性腫瘍を消滅させ、十年後も元気に働いて、闘病の経緯の講演を全国でされているという実例もあるようです。
 
 
 
 
脳歯科の治療をしていると、今まで長い間動きが困難だった身体が瞬時に動きを取り戻したりすることを経験したり、他の先生の症例報告として見ることが沢山あります。
 
 
最初は私も「信じられない!」と驚きましたが、今では冷静に「そうだよね」と思いつつ、口腔内と脳や周囲の場の関連性の変化が起こった事実として受け止めるようになっていました。
 
 
 
 
しかし眠っていた遺伝子の発動という観念は持っていませんでした。
 
 
 
 
映画を観た時には私の中に十分に腹落ちしてなかったのでしょう。
 
 
 
 
一定の速さで流れていく動画ではなく、活字を自分のペースで読むことで、自分の中でより消化することができたのかもしれません。
普段の現実と遺伝子、サムシング・グレートが手を繋いでいるのが朧げに感じられたような気がしています。
 
 
タイミング良く、長いお休みの始まりにこの本を紹介していただいたことで、普段よりもじっくり読むことができました。
 
 
紹介して下さった東京脳歯科メンバーの先生に感謝します。

 
 
 
 
※治療結果は全ての方に共通するものではありません。
治療経過、結果については個人差があります。

 

もし慢性的な痛みや機能低下がある場合、その原因がお口の中にあるかもしれません。
 

 
脳歯科の治療を選択肢の1つとお考えでしたら、ぜひご相談下さい。

 
また一般歯科治療でも身体に最適な治療を受けたいと思われる方もご相談下さい。
 

 

脳歯科の初診は一般の歯科治療の場合とは異なり、2時間のご予約時間をお取りします。

 

このためご予約の際には必ず脳歯科希望の旨をお伝えいただき、時間を確保させていただけますようお願い申し上げます。

 

 

眞美デンタルオフィス

 
 

https://www.mamidentaloffice.jp/braindentistry/

詳しくはこちら


カテゴリー: トピックス,全身をととのえる歯科治療〜脳歯科ブログ

眞美デンタルオフィス

神奈川県横浜市港北区日吉本町1丁目19-16
石川ビル1F 日吉駅西口中央通り徒歩1分

TEL045-563-4418

診療時間9:30〜18:00(土曜日〜14:30)

診療時間
午前 9:30~12:30 × ×
午後 14:00~18:00 × × ×

土曜日は9:30〜14:30(昼休みなし)
  休診日 木・日・祝祭日

Copyright © Mami dental office ,All Rights Reserved.

初めての方はお読みください

ご予約はお電話にて承っております 045-563-4418